大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある若林・新井総合法律事務所の情報

投稿日:

わたしはかこに自己破産した41歳の未婚じょせいです。

このホームページでは、自己破産をかんがえているかたに、私のじれいからわかったお話をつたえています。

けつろんからいうと、自己破産は弁護士に無料相談してだいりで申し立ててもらうともんだいなく免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

若林・新井総合法律事務所

所在地

〒532-0006大阪府大阪市淀川区西三国3丁目11-17

TEL:TEL 06-6396-3110

どういう理由でじこはさんを申し立てたのかをお伝えします。

ビジネスの教材や講習会の購入をクレカのリボばらいで清算していました。

1かげつの給料よりもリボ払いのりそくの高額になってしまいました。

あるひたいびょうをわずらい、しゅじゅつひがはらうことになるので、リボばらいの利息を払いきれなくなりました。

困り果てたわたしは、消費生活センターや地元の弁護士会にでんわではなしをしました。

そうしたらじこはさんでリボ払いの利息を無しにして、借金がない状態にしたらどうかとアドバイスされました。

そうして自分のじゅうしょから近い弁護士じむしょに通話して、直でじむしょに出かけて、30分の無料相談をしました。

事務所には2回行くだけでした。

そして電話とゆうびんで事務所やべんごしさんと連絡をとりあってじこはさんの手続きをすすめました。

じこはさんの申し立てにはちゃくしゅきんと弁護士の代理援助を合計して約15万円かかりました。

15万円を払う能力がありませんでしたので、法テラスの扶助制度を使って、一時的に建て替えました。

15万円をわたしの支払するのうりょくに合わせて、かかったきんがくをまいつき法テラスに口座振替で支払いました。

遂には、弁護士事務所にはなしにいってから10ヶ月後に、自己破産のめんさいがきょかをうけたのです。

自己破産は、私の生涯のおてんです。

デビットカードはつかえるけれど、クレカがしようできないデメリットがあるというわけです。

そのいっぽうで、自己破産した事をほかの人に言わなければ知られずに済みます。

私が自己破産してしまったじじつをしっている方は、ごくかぎられているわけです。

リボばらいの利息がゼロになったことで、借金の不安がなくなったのです。

このごろはクレカのきかんがはやく終わるようにと待ちながらしごとにおります。

ですから、自己破産の申し立てを考えているなら、めんさいにじかんがようするので、すぐにほうりつ事務所に連絡して無料そうだんを受けて手続きを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.