大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪府 高槻市

大阪府高槻市にあるふくろう法律事務所の情報

投稿日:

わたしは前に自己破産した51歳のみこんだんせいです。

この記事では、自己破産を考えているかたに、私の体験からえた内容を書いています。

結論からいうと、じこはさんは弁護士に0円で面談して代理でもうしたててもらうとすいすいとめんさい許可がもらえます。

近くの法律事務所

ふくろう法律事務所

所在地

〒569-0065大阪府高槻市城西町5-17-506

TEL:TEL 072-673-2960

なぜじこはさんを申し立てたのかをお話します。

ビジネスのてきすとやじゅくのこうにゅうをクレジットカードのリボばらいでせいさんしていました。

1か月のしゅうにゅうがくよりもリボ払いの利息の高くなってしまいました。

ある日大病をわずらい、手術費が必要なので、リボばらいの利息を払いきれなくなりました。

困り果てた私は、消費生活センターやそのちいきの弁護士会に電話でそうだんをしたのです。

そうするとじこはさんでリボばらいの利息をなしにして、しゃっきんが無い状態にしたらどうかとアドバイスされました。

そして自分の居住地からちかい法律事務所にでんわして、直接じむしょにいき、30分の無料相談をしました。

じむしょには2かい足を運ぶだけでした。

そして電話とゆうびんで事務所や弁護士とコミュニケーションをとりあって自己破産のてつづきをすすめました。

じこはさんの申立てには着手金と弁護士のだいりえんじょをあわせると約15万円かかりました。

15万円をはらう能力がなかったので、法テラスの扶助制度をうまく使って、一時的にたてかえました。

15万円を私のへんさいする力にしたがって、かかった費用を月毎に法テラスに口座振替で払いました。

結果的には、ほうりつじむしょに相談にいってから10ヶ月後に、自己破産の免責がきょかされました。

自己破産は、わたしのしょうがいの汚点です。

デビットカードはつかえるけれど、クレカが使えない欠点があるのです。

だけども、破産した事実をまわりに言わなければきづかれずに済むのです。

わたしがはさんしちゃったことを知っている方は、ごく限られているわけです。

リボ払いのりそくがゼロになったことで、返済のしんぱいがきえました。

近頃はクレカの期限があっというまに終わるようにと待ちながら仕事にいるのです。

ということから、自己破産のもうしたてをかんがえているなら、めんさいに時間がひつようとなるので、すぐにほうりつ事務所に電話してむりょうの面談を受けて手続きを。

-大阪府, 高槻市
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.