大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある天満法律事務所(弁護士法人)の情報

投稿日:

私はかなり前に自己破産した52歳のきこん男性です。

このホームページでは、自己破産をかんがえているひとに、わたしの体験からわかったないようを書いています。

こたえからいうと、自己破産は弁護士に0えんで相談して代わりで申し立ててもらうと円滑に免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

天満法律事務所(弁護士法人)

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満2丁目2-3-A07

TEL:TEL 06-6365-7560

何で自己破産を申し立てたのかをおつたえします。

スキルアップのきょうざいやスクールの購入をクレジットカードのリボ払いで決済していました。

つきのしゅうにゅうよりもリボ払いの利息のこうがくになってしまいました。

あるとき大病をわずらい、医療費がひつようになるので、リボばらいの利息をはらいきれなくなりました。

困り果てた私は、消費生活センターやじもとの弁護士会に携帯で話をしたのです。

そうしたらじこはさんでリボばらいの利息をなしにして、しゃっきんが無いじょうたいにしたらどうかとていあんされました。

その後自分のじゅうしょから近距離のべんごし事務所につうわして、じかに事務所にでかけて、30分の無料めんだんをしたわけです。

じむしょには2回あしをはこぶだけでした。

それからつうわと郵送で事務所や弁護士さんとれんらくをとりあってじこはさんの手続を進めました。

じこはさんの申立にはちゃくしゅきんとべんごしさんの代理援助を合わせると大体15万円かかりました。

15万円を支払うのうりょくがなかったので、法テラスの扶助制度をりようすることで、いちじてきに建て替えました。

15万円をわたしの支払する力に応じて、必要としたお金を毎月法テラスに口座引落ではらいました。

けっかてきには、べんごし事務所に相談に行ってから十か月後に、じこはさんのめんさいが許可されました。

自己破産は、わたしの人生の汚点です。

デビットカードは使えるけれど、クレジットカードが利用できない欠点があるわけです。

その一方で、破産した事をまわりにいわなければ知られずに済みます。

私が自己破産したことを知っている人は、ごく限定されているわけです。

リボ払いのりそくがゼロになったことで、返済のくるしみがきえました。

現在はクレカのきかんが早く終わるようにと待ちながらしごとにいるわけです。

よって、じこはさんの申立てを考えているなら、免責にじかんがひつようなので、ためらわずにべんごし事務所にれんらくして無料相談を受けて手続を。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.