大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある土橋法律事務所の情報

投稿日:

わたしは数年前に自己破産した49歳のシングルの男です。

この記事では、自己破産を考えている人に、私の実例からえたじょうほうをかいています。

けつろんからいうと、自己破産は弁護士にただで相談してだいりで申し立ててもらうともんだいなく免責きょかがもらえます。

近くの法律事務所

土橋法律事務所

所在地

〒541-0041大阪府大阪市中央区北浜1丁目1-30-602

TEL:TEL 06-6226-5655

なぜじこはさんを申し立てたのかを語りします。

自己啓発のてきすとや講習会のこうにゅうをクレジットカードのリボばらいで清算していました。

まいつきのしゅうにゅうがくよりもリボ払いの利息の高くなってしまいました。

あるとき大病をわずらい、医療費がかかるので、リボばらいのりそくを払いきれなくなりました。

困り果てた私は、消費生活センターやそのちいきの弁護士会に電話で相談をしました。

そうしたら自己破産でリボ払いの利息を無しにして、借金がない状態にしたらどうかとアドバイスされました。

そうしてじぶんの居住地からちかくにある法律事務所に通話して、ちょくで事務所にでむいて、30分のむりょう相談をしたのです。

じむしょには2かい足を運ぶだけでした。

それから電話とゆうびんでじむしょや弁護士とれんらくをとりあってじこはさんの手続きをすすめました。

じこはさんの申立にはちゃくしゅきんと弁護士さんの代理援助を合計して大体15万円ひつようでした。

15万円を払う能力がなかったので、法テラスの扶助制度をうまくつかって、すこしのあいだだけたてかえました。

15万円をわたしの返済する能力に合わせて、必要としたおかねを毎月1度法テラスに口座振替ではらいました。

ついには、弁護士事務所に話に行ってから十か月後に、自己破産の免責が許可を受けたのです。

自己破産は、わたしのいっしょうの汚点です。

デビットカードは利用できるけれど、カードがりようできない欠点があるわけです。

そのいっぽうで、破産したじじつをまわりのひとに言わなければきづかれずに済むのです。

私が自己破産してしまったことを知っている方は、ごく限られているのです。

リボばらいのりそくがゼロになったことで、借金の苦しみがきえました。

このごろはクレジットカードの期間が早く終わるようにと待ちながら仕事にいます。

というわけで、じこはさんの申し立てを検討しているなら、めんさいに時間がかかるので、直ちに法律じむしょにれんらくして無料の面談をしてもらって手続きを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.