大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある影山法律事務所の情報

投稿日:

私は何年か前に自己破産した38歳の独身じょせいです。

このページでは、じこはさんを検討している人に、私のじつれいからわかったじょうほうをおつたえしています。

こたえからいうと、自己破産は弁護士さんにただで相談してかわりで申し立ててもらうと問題なく免責きょかがもらえます。

近くの法律事務所

影山法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満4丁目3-11

TEL:TEL 06-6311-2110

何故自己破産を申し立てたのかをはなしします。

資格の商材やスクールの購入をクレカのリボばらいで決済していました。

まいつきの収入額よりもリボばらいのりそくの高くなってしまいました。

あるとき大病をわずらい、治療費が必要なので、リボ払いの利息をはらいきれなくなりました。

こまりはてたわたしは、消費生活センターやじもとの弁護士会に携帯で相談を行ないました。

するとじこはさんでリボ払いのりそくをゼロにして、借金が無い状態にしたらどうかと提案されました。

そのご私のきょじゅうちから近距離の弁護士じむしょにでんわして、ちょくで事務所に出かけて、30分のむりょう相談を行ないました。

じむしょには二度足を運ぶだけでした。

そして電話と郵便で事務所や弁護士さんとコミュニケーションをとりあってじこはさんのてつづきを進めました。

じこはさんの申立てにはちゃくしゅきんとべんごしのだいりえんじょを合わせておよそ15万円つかいました。

15万円をはらう力がなかったので、法テラスの扶助制度をうまくつかって、いちじてきに建て替えました。

15万円をわたしの返済する能力におうじて、かかった費用を月に1度法テラスに口座振替で支払いました。

ついには、べんごし事務所に相談にいってから10ヶ月後に、自己破産の免責が許可をしてもらいました。

じこはさんは、わたしのじんせいの汚点です。

デビットカードは使えるけれど、クレカがりようできないデメリットがあるというわけです。

ですが、はさんしたじじつをたにんにいわなければ知られずにすみます。

私がじこはさんした事実を知っている人は、ごく限定されているというわけです。

リボばらいのりそくが無くなったことで、返済の悩みがきえました。

近頃はカードの期間があっという間に終わるようにと待ちながら仕事におります。

ということから、自己破産のもうしたてを検討しているなら、免責に時間がかかるので、急いでべんごし事務所に連絡して無料相談をうけて手続きを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.