大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある肥後橋法律事務所の情報

投稿日:

私は10かげつまえに自己破産した40代独身男です。

このHPでは、自己破産を考えている方に、私のたいけんからえたおはなしを書いています。

答えからいうと、自己破産は弁護士に無料そうだんしてだいりで申し立ててもらうと円滑に免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

肥後橋法律事務所

所在地

〒550-0001大阪府大阪市西区土佐堀1丁目3-7

TEL:TEL 06-6441-0645

なんで自己破産を申し立てたのかをかたりします。

自己啓発のてきすとやこうしゅうかいのこうにゅうをクレカのリボばらいで支払いしていました。

1か月の収入よりもリボ払いの利息の高くなってしまいました。

ある日大病をわずらい、いりょうひがかかるので、リボ払いの利息をはらいきれなくなりました。

途方に暮れた私は、消費生活センターやその地域の弁護士会にでんわでそうだんをおこないました。

すると自己破産でリボ払いのりそくをナシにして、借金がぜろの状態にしたらどうかと提案されました。

その後じぶんの住所から近くにある弁護士じむしょにつうわして、直で事務所に出向いて、30分の無料めんだんをしたのです。

事務所には2かい足を運ぶだけでした。

そうしてつうわとゆうそうで事務所や弁護士とコミュニケーションをとりあって自己破産の手続きをすすめました。

自己破産の申し立てには着手金と弁護士さんの代理援助をごうけいしてだいたい15万円必要でした。

15万円をはらう能力が無かったので、法テラスの扶助制度をつかって、すこしのあいだだけ建て替えました。

15万円を私の返済する能力におうじて、ひつようとしたきんがくをまいつき法テラスに口座引落で払いました。

結果的には、弁護士事務所に話にいってから10ヶ月後に、自己破産の免責が許可されました。

自己破産は、私のいっしょうの汚点です。

デビットカードは利用できるけれど、カードがつかえないデメリットがあるのです。

ですが、破産したじじつを周囲にいわなければ気づかれずにすみます。

私が自己破産しちゃったじじつをしっているひとは、ごくかぎられているのです。

リボ払いのりそくが無くなったことで、借金の不安がなくなりました。

今はクレカのきげんが早くおわるようにと待ちながら仕事にいるわけです。

ですから、自己破産の申し立てを考えているなら、めんさいにじかんがかかるので、さいしょからほうりつ事務所にれんらくして無料めんだんをやってもらって手続を。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.