大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市中央区道修町にある林川毅法律事務所の情報

投稿日:

私はまえにじこはさんした53歳の独身じょせいです。

このページでは、自己破産を考えているひとに、私のじつれいからえたじょうほうをかいています。

結論からいうと、じこはさんは弁護士さんにただで面談してかわりでもうしたててもらうともんだいなくめんさい許可がもらえます。

近くの法律事務所

林川毅法律事務所

所在地

〒541-0045大阪府大阪市中央区道修町3丁目2-5

TEL:TEL 06-6227-5511

何でじこはさんを申し立てたのかをおはなしします。

しかくの教材や塾のにゅうしゅをクレジットカードのリボ払いで決済していました。

つきの収入よりもリボ払いの利息の高くなってしまいました。

ある時大病をわずらい、ちりょうひがはらうことになるので、リボばらいの利息をしはらいきれなくなりました。

困り果てた私は、消費生活センターやそのちいきの弁護士会にでんわではなしをしました。

そうしたら自己破産でリボばらいのりそくをなしにして、しゃっきんがない状態にしたらどうかと提案されました。

そして自分の住所から近距離の弁護士事務所につうわして、直で事務所に出掛けて、30分のむりょう相談を行ないました。

事務所には2回行くだけでした。

そしてでんわと郵送でじむしょやべんごしと連絡をとりあってじこはさんの手続をすすめました。

自己破産の申立にはちゃくしゅきんとべんごしさんの代理援助をあわせるとほぼ15万円使いました。

15万円をはらうのうりょくがありませんでしたので、法テラスの扶助制度をりようすることで、その時だけ建て替えました。

15万円をわたしの返済する能力に従って、かかったお金を毎月1回法テラスに口座引き落としで払いました。

ついには、弁護士事務所にはなしに足を運んでから10ヶ月後に、自己破産の免責が許可されました。

自己破産は、わたしのいっしょうのおてんです。

デビットカードはりようできるけれど、カードが使えない欠点があります。

ですが、破産したことをたにんにいわなければきづかれずに済みます。

わたしがはさんしちゃった事を知っている方は、ごく限定されています。

リボ払いの利息が無くなったことで、借金の不安がなくなりました。

ちかごろはクレカの期限があっというまに終わるようにと待ちながら仕事にいるわけです。

ですから、自己破産の申立てを検討しているなら、免責に時間がひつようなので、すぐにほうりつ事務所に連絡して無料相談を受けててつづきを。

-大阪市, 大阪府
-, , , ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.