大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある横井盛也法律事務所の情報

投稿日:

わたしはまえに自己破産した40歳の独身おんなです。

この記事では、自己破産を検討している人に、私の体験から得たじょうほうをおつたえしています。

答えからいうと、自己破産はべんごしさんに無料相談してだいりで申し立ててもらうとスムーズに免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

横井盛也法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満2丁目8-5

TEL:TEL 06-6314-6920

なんでじこはさんを申し立てたのかをお伝えします。

自己啓発のテキストやセミナーのこうにゅうをカードのリボばらいで清算していました。

1かげつの収入よりもリボばらいのりそくのたかくなってしまいました。

あるひ大病をわずらい、医療費が必要になるので、リボばらいの利息を払いきれなくなりました。

困り果てたわたしは、消費生活センターやそのちいきの弁護士会に携帯でおはなしをしてみました。

そうすると自己破産でリボ払いの利息をナシにして、しゃっきんがゼロの状態にしたらどうかと提案されました。

その後自分のきょじゅうちから近くにある法律事務所に電話して、直接じむしょに行き、30分のむりょう相談をしたわけです。

事務所には2回出向くだけでした。

そしてでんわと郵送でじむしょやべんごしとコミュニケーションをとりあって自己破産の手続を進めました。

じこはさんの申し立てには着手金とべんごしさんのだいりえんじょをまとめるとほぼ15万円必要でした。

15万円を払う力がなかったので、法テラスの扶助制度をうまくつかって、一時的に建て替えました。

15万円を私の返済する能力に従って、かかったお金を月毎に法テラスに口座振替ではらいました。

最終的には、弁護士事務所にはなしにいってから10ヶ月後に、自己破産の免責が許可を受けたのです。

自己破産は、私の一生のおてんです。

デビットカードはりようできるけれど、カードがりようできないデメリットがあるのです。

ですが、破産したじじつをまわりのひとにいわなければ気づかれずにすむのです。

私がはさんした事実を知る人は、ごく限られているわけです。

リボ払いのりそくがなくなったことで、しゃっきんのなやみがなくなりました。

近頃はクレジットカードの期間があっというまに終わるようにとまちながら仕事にいます。

ということで、じこはさんの申し立てをけんとうしているなら、めんさいにじかんがひつようとなるので、いそいで法律事務所に電話してむりょうの相談を受けて手続を。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.