大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にあるリーガルジャパン(弁護士法人)大阪本部の情報

投稿日:

わたしはいぜんに自己破産した40歳のシングルのだんせいです。

当ホームページでは、自己破産を考えている方に、わたしの経験からえたお話を綴っています。

答えからいうと、自己破産は弁護士に無料面談して代わりでもうしたててもらうとスムーズに免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

リーガルジャパン(弁護士法人)大阪本部

所在地

〒530-0001大阪府大阪市北区梅田1丁目1-3-12F-5

TEL:TEL 06-4797-0905

どういうりゆうでじこはさんを申し立てたのかをお話します。

じこけいはつのきょうざいやスクールの入手をクレジットカードのリボ払いで決済していました。

つきのしゅうにゅうがくよりもリボ払いの利息の高くなってしまいました。

あるとき大病をわずらい、ちりょうひが必要なので、リボ払いのりそくをはらいきれなくなりました。

困り果てた私は、消費生活センターやそのちいきの弁護士会に電話でそうだんをしてみたのです。

そうするとじこはさんでリボ払いのりそくをゼロにして、しゃっきんが無い状態にしたらどうかと提案されました。

それからじぶんのじゅうしょから近くにある法律事務所に通話して、直接事務所に行き、30分の無料めんだんをしました。

じむしょには2どあしをはこぶだけでした。

そして通話と郵送で事務所やべんごしと連絡をとりあってじこはさんのてつづきをすすめました。

自己破産の申し立てには着手金とべんごしの代理援助をあわせて大体15万円必要でした。

15万円を支払う能力が無かったので、法テラスの扶助制度をしようして、少しの間だけたてかえました。

15万円をわたしの支払するのうりょくに応じて、必要としたお金を毎月法テラスにこうざひきおとしで支払いました。

結果的には、法律じむしょに話に行ってから10ヶ月後に、じこはさんの免責が許可を受けました。

自己破産は、私の一生の汚点です。

デビットカードは使えるけれど、クレジットカードがしようできないデメリットがあるというわけです。

だけども、じこはさんしたことをしゅういにいわなければきづかれずにすみます。

私が自己破産した事を知るひとは、ごく限られているというわけです。

リボ払いの利息がゼロになったことで、へんさいのなやみが無くなりました。

げんざいはクレジットカードの期間があっという間に終わるようにとまちながら仕事にいるわけです。

ですから、自己破産の申し立てを考えているなら、めんさいに時間がかかるので、ためらわずに弁護士事務所にでんわして無料の相談をうけて手続きを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.