大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある前田総合法律事務所の情報

投稿日:

私は3ねんまえに自己破産した47歳の既婚男性です。

このホームページでは、自己破産を考えている方に、私のじれいから得た情報を記しています。

けつろんからいうと、自己破産は弁護士さんにむりょう相談してだいりで申し立ててもらうと問題なく免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

前田総合法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満3丁目1-6

TEL:TEL 06-6313-0031

何故じこはさんを申し立てたのかをお話します。

自己啓発のテキストやこうしゅうかいの入手をクレジットカードのリボばらいでけっさいしていました。

つきの収入よりもリボ払いの利息の高くなってしまいました。

ある日大病をわずらい、治療費が払うことになるので、リボ払いの利息を払いきれなくなりました。

困り果てた私は、消費生活センターや地元の弁護士会に電話で話をしてみたのです。

そうすると自己破産でリボ払いの利息をゼロにして、借金が無い状態にしたらどうかとアドバイスされました。

そのごうちの住所からあまりはなれていないほうりつ事務所につうわして、ちょくせつ事務所にでかけて、30分の無料そうだんをしたんです。

事務所には2回行くだけでした。

それから電話と郵送で事務所やべんごしと連絡をとりあってじこはさんのてつづきをすすめました。

じこはさんの申立には着手金とべんごしの代理援助を合わせて大体15万円ついやしました。

15万円をはらう力が無かったので、法テラスの扶助制度をうまく使って、一時的に建て替えました。

15万円を私の返済するちからに応じて、かかったお金をまいつき法テラスに口座振替で支払いました。

遂には、べんごし事務所にはなしに行ってから10ヶ月後に、じこはさんの免責が許可をうけたのです。

自己破産は、わたしの人生の汚点です。

デビットカードはりようできるけれど、カードが使えないデメリットがあります。

ですが、じこはさんした事実を誰にもいわなければきづかれずに済みます。

私が自己破産しちゃった事実を知るひとは、ごく限られています。

リボばらいの利息がなくなったことで、借金のなやみがない状態です。

現在はクレカの期限がはやくおわるようにとまちながら仕事におります。

ですから、じこはさんの申立てを考えているなら、免責に時間がひつようとなるので、すぐにべんごしじむしょにれんらくして無料相談を受けててつづきを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.