大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある愛和法律事務所の情報

投稿日:

わたしは2年前ににじこはさんした46歳の独身おんなです。

このホームページでは、自己破産をかんがえている方に、私のたいけんからわかった情報をおつたえしています。

結論からいうと、自己破産はべんごしさんにただで面談して代わりで申し立ててもらうと円滑に免責きょかがもらえます。

近くの法律事務所

愛和法律事務所

所在地

〒530-0001大阪府大阪市北区梅田1丁目1-3-1418

TEL:TEL 06-6345-6311

何故自己破産を申し立てたのかをお話します。

自己啓発のしょうざいやこうしゅうかいの購入をクレカのリボ払いで決済していました。

1かげつの収入額よりもリボばらいのりそくの高くなってしまいました。

あるひ大病をわずらい、手術費がはらうことになるので、リボ払いの利息を支払いきれなくなりました。

困り果てたわたしは、消費生活センターやそのエリアの弁護士会にでんわで相談をしてみたのです。

すると自己破産でリボ払いの利息をゼロにして、借金がない状態にしたらどうかとていあんされました。

そして自分のしょざいちからあまり離れていないべんごし事務所にでんわして、直接じむしょに行き、30分の無料相談をしたわけです。

じむしょには2どいくだけでした。

そしてでんわと郵送で事務所やべんごしとれんらくをとりあって自己破産の手続きを進めました。

じこはさんの申し立てには着手金と弁護士さんの代理援助を合計してほぼ15万円掛かりました。

15万円を払う能力がありませんでしたので、法テラスの扶助制度をつかって、その時だけ建て替えました。

15万円を私のしはらいするちからに合うようにして、かかった金額を毎月法テラスにこうざひきおとしで払いました。

結果的には、法律事務所に面談に行ってから10ヶ月後に、自己破産のめんさいがきょかをうけました。

自己破産は、私の人生の汚点です。

デビットカードは使用できるけれど、カードが使えない欠点があります。

その一方で、破産したことをほかのひとにいわなければきづかれずに済むのです。

私が破産しちゃったことをしっている方は、ごく限定されています。

リボばらいの利息がなくなったことで、借金のなやみがなくなりました。

さいきんはクレジットカードのきかんがはやく終わるようにと待ちながら仕事にいます。

ですから、自己破産の申立てを考えているなら、免責にじかんがひつようとなるので、最初から弁護士事務所に連絡して無料めんだんを受けててつづきを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.