大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある中原修法律事務所の情報

投稿日:

私は1ねんまえにじこはさんした41歳のみこん男性です。

このページでは、じこはさんを考えている方に、私のたいけんから得たじょうほうを伝えています。

答えからいうと、自己破産は弁護士に無料面談してかわりで申し立ててもらうと円滑にめんさい許可がもらえます。

近くの法律事務所

中原修法律事務所

所在地

〒542-0073大阪府大阪市中央区日本橋1丁目17-17

TEL:TEL 06-6632-7651

どうしてじこはさんを申し立てたのかをお話します。

びじねすのきょうざいやセミナーの入手をクレジットカードのリボばらいで清算していました。

まいつきの給与よりもリボ払いの利息の高くなってしまいました。

あるとき大病をわずらい、治療費用がひつようなので、リボ払いの利息を支払いきれなくなりました。

困り果てた私は、消費生活センターやそのちいきの弁護士会にけいたいではなしをしました。

そうしたらじこはさんでリボ払いの利息をナシにして、借金が無いじょうたいにしたらどうかとていあんされました。

その後自分の居住地から近い法律じむしょに通話して、直接事務所に出向いて、30分の無料相談をしたんです。

事務所には二度いくだけでした。

それから通話と郵送で事務所やべんごしさんと連絡をとりあってじこはさんの手続を進めました。

自己破産のもうしたてには着手金と弁護士の代理援助を合わせるとやく15万円ついやしました。

15万円を払うちからが無かったので、法テラスの扶助制度をうまく使って、すこしのあいだだけ建て替えました。

15万円を私の返済するのうりょくに応じて、かかったお金を月毎に法テラスに口座振替ではらいました。

結果的には、べんごし事務所にそうだんに足を運んでから10ヶ月後に、自己破産の免責がきょかをうけました。

じこはさんは、わたしのじんせいのおてんです。

デビットカードは利用できるけれど、クレジットカードがつかえないデメリットがあるのです。

けれども、じこはさんしたことをだれにもいわなければきづかれずに済みます。

私が破産した事を知っている人は、ごく限定されています。

リボ払いのりそくがゼロになったことで、しゃっきんのふあんが無くなりました。

今はクレカのきげんが早く終わるようにと待ちながらおしごとにいます。

ということから、じこはさんの申し立てを考えているなら、免責に時間が必要となるので、ためらうことなく弁護士事務所に電話してむりょうの面談をしてもらって手続きを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.