大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある竹山法律事務所の情報

投稿日:

わたしは3年前に自己破産した47歳の独身男性です。

当ページでは、自己破産をけんとうしている方に、私の体験からわかった内容を書いています。

けつろんからいうと、自己破産は弁護士さんに0えんで面談して代わりで申し立ててもらうと円滑に免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

竹山法律事務所

所在地

〒541-0042大阪府大阪市中央区今橋2丁目4-10

TEL:TEL 06-6223-2232

何で自己破産を申し立てたのかをはなしします。

しかくのてきすとやこうしゅうかいのにゅうしゅをクレジットカードのリボ払いで清算していました。

つきの給与よりもリボ払いのりそくの高くなってしまいました。

ある時たいびょうをわずらい、いりょうひがひつようになるので、リボばらいの利息をしはらいきれなくなりました。

こまりはてた私は、消費生活センターや地元の弁護士会に携帯でそうだんを行ないました。

そうするとじこはさんでリボ払いの利息をなしにして、借金がゼロの状態にしたらどうかと提案されました。

そしてじぶんのじゅうしょからきんきょりのほうりつ事務所にでんわして、ちょくで事務所に出掛けて、30分の無料面談をしたのです。

じむしょには二度出向くだけでした。

それから電話と郵送で事務所やべんごしさんと連絡をとりあって自己破産の手続きを進めました。

自己破産の申し立てにはちゃくしゅきんと弁護士の代理援助をまとめるとだいたい15万円ついやしました。

15万円を支払うちからが無かったので、法テラスの扶助制度をりようして、その時だけ建て替えました。

15万円をわたしのへんさいするちからにしたがって、掛かったきんがくを毎月1回法テラスに口座振替でしはらいました。

結局は、法律じむしょに相談に行ってから十か月後に、自己破産のめんさいがきょかを受けました。

じこはさんは、私のいっしょうの汚点です。

デビットカードはしようできるけれど、クレカが使用できないデメリットがあります。

ですが、破産したことをまわりの人にいわなければ知られずに済むのです。

私がはさんしたことをしっている人は、ごくかぎられています。

リボ払いのりそくがなくなったことで、借金の苦しみがない状態です。

今はクレカのきかんがあっという間におわるようにと待ちながらしごとにいるのです。

とにかく、じこはさんの申し立てを考えているなら、免責に時間が要するので、ためらわずに法律じむしょに連絡してむりょうめんだんを受けて手続きを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.