大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある谷口法律事務所の情報

投稿日:

私は少し前に自己破産した37歳のみこん女です。

このブログでは、自己破産をかんがえているひとに、私の実例から得た情報をおつたえしています。

こたえからいうと、じこはさんはべんごしさんにただでそうだんして代理で申し立ててもらうと円滑に免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

谷口法律事務所

所在地

〒530-0001大阪府大阪市北区梅田1丁目1-3-30F-1-6

TEL:TEL 06-6344-6850

どういうわけで自己破産を申し立てたのかをお伝えします。

ビジネスのきょうざいやじゅくのこうにゅうをクレジットカードのリボばらいで決済していました。

1か月の給料よりもリボばらいのりそくの高くなってしまいました。

あるとき大病をわずらい、治療費用がひつようになるので、リボばらいのりそくをはらいきれなくなりました。

困り果てたわたしは、消費生活センターや地元の弁護士会に携帯で相談をしてみました。

するとじこはさんでリボ払いの利息をゼロにして、借金が無い状態にしたらどうかと提案されました。

その後私の住所からきんきょりの弁護士事務所につうわして、ちょくせつじむしょに行って、30分の無料めんだんをしました。

事務所には2回行くだけでした。

そうして通話とゆうそうで事務所や弁護士とれんらくをとりあってじこはさんの手続を進めました。

じこはさんの申立には着手金と弁護士さんのだいりえんじょをごうけいしてやく15万円つかいました。

15万円をしはらうちからがありませんでしたので、法テラスの扶助制度を活用して、一時的に建て替えました。

15万円を私の返済する能力にあうようにして、掛かったお金を毎月法テラスに口座引き落としでしはらいました。

最終的には、ほうりつじむしょに話に足を運んでから十か月後に、自己破産のめんさいがきょかをうけたのです。

自己破産は、私の人生の汚点です。

デビットカードはつかえるけれど、カードが使用できないデメリットがあるというわけです。

けれども、じこはさんした事実をほかの人にいわなければ気づかれずに済みます。

私が自己破産してしまったことを知る人は、ごくげんていされています。

リボ払いのりそくがなくなったことで、へんさいのふあんがありません。

さいきんはクレカの期間があっという間に終わるようにとまちながらしごとにおります。

ということから、自己破産の申し立てを考えているなら、免責に時間が必要なので、はじめからべんごし事務所にれんらくして無料のめんだんを受けて手続を。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.