大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある曽我部法律事務所の情報

投稿日:

私は4ねんまえにじこはさんした45歳の既婚だんせいです。

このページでは、自己破産を考えている人に、私のじれいからえた内容をしるしています。

こたえからいうと、じこはさんはべんごしに0円で面談して代理でもうしたててもらうと問題なく免責きょかがもらえます。

近くの法律事務所

曽我部法律事務所

所在地

〒530-0041大阪府大阪市北区天神橋2丁目3-8

TEL:TEL 06-6882-0034

なぜ自己破産を申し立てたのかを話しします。

じこけいはつのきょうざいや塾のにゅうしゅをクレカのリボばらいでけっさいしていました。

毎月のきゅうりょうよりもリボばらいのりそくのたかくなってしまいました。

ある日大病をわずらい、治療費用が必要になるので、リボばらいのりそくを払いきれなくなりました。

困り果てた私は、消費生活センターやじもとの弁護士会に携帯で話をしました。

そうすると自己破産でリボ払いのりそくをなしにして、借金がない状態にしたらどうかと提案されました。

それからうちの住所からちかくにある弁護士じむしょに電話して、直で事務所に出かけて、30分の無料そうだんをおこないました。

じむしょには2度足を運ぶだけでした。

それからでんわと郵送で事務所やべんごしとれんらくをとりあって自己破産の手続きを進めました。

じこはさんの申立にはちゃくしゅきんと弁護士のだいりえんじょを合わせて約15万円必要でした。

15万円を払う能力がありませんでしたので、法テラスの扶助制度をつかって、すこしのあいだだけ建て替えました。

15万円をわたしのへんさいするちからに応じて、必要としたひようをつきごとに法テラスに口座引落で支払いました。

さいしゅうてきには、弁護士じむしょに話に行ってから十か月後に、じこはさんの免責がきょかされました。

自己破産は、わたしの人生の汚点です。

デビットカードはしようできるけれど、クレカが利用できないデメリットがあるわけです。

ですが、はさんした事実をしゅういにいわなければ知られずにすみます。

私が破産してしまった事実をしっている人は、ごく限られているのです。

リボばらいのりそくがなくなったことで、借金の苦しみが消えました。

ちかごろはクレカの期間が早くおわるようにと待ちながら仕事にいます。

ということで、じこはさんの申し立てを考えているなら、免責に時間がひつようとなるので、急いで弁護士じむしょに連絡してむりょうの相談をしてもらって手続きを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.