大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある親和法律事務所の情報

投稿日:

わたしは4年前にじこはさんした51歳のシングルの女です。

当ページでは、自己破産をけんとうしているかたに、私のたいけんから得たないようを伝えています。

結論からいうと、自己破産は弁護士に無料相談してかわりで申し立ててもらうとすいすいと免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

親和法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満1丁目7-20

TEL:TEL 06-6363-6377

なんで自己破産を申し立てたのかをはなしします。

資格のしょうざいや塾の購入をカードのリボ払いで清算していました。

毎月の給料よりもリボばらいの利息の高くなってしまいました。

ある日大病をわずらい、医療費が払うことになるので、リボ払いの利息を払いきれなくなりました。

とほうにくれた私は、消費生活センターやその地域の弁護士会に電話で相談をしてみました。

そうしたら自己破産でリボばらいの利息をナシにして、借金がないじょうたいにしたらどうかと提案されました。

そしてわたしの住所からちかくにある弁護士じむしょにつうわして、ちょくで事務所にいき、30分の無料相談をおこないました。

じむしょには2回行くだけでした。

そしてつうわとゆうびんで事務所や弁護士とれんらくをとりあって自己破産の手続きを進めました。

じこはさんの申立には着手金とべんごしさんの代理援助をごうけいしておよそ15万円必要でした。

15万円を支払う能力がなかったので、法テラスの扶助制度をかつようして、いちじてきに建て替えました。

15万円を私のしはらいする力に合うようにして、かかったお金を毎月1度法テラスに口座振替で支払いました。

けっきょくは、弁護士事務所にそうだんに行ってから10ヶ月後に、じこはさんの免責がきょかされました。

自己破産は、わたしのいっしょうのおてんです。

デビットカードはしようできるけれど、クレジットカードが使えないデメリットがあるのです。

そのいっぽうで、じこはさんした事実を周囲にいわなければきづかれずに済みます。

私が自己破産した事実をしっているかたは、ごく限られています。

リボ払いの利息が無くなったことで、へんさいの悩みがきえました。

このごろはクレジットカードの期間がはやく終わるようにとまちながらお仕事にいるわけです。

ですから、自己破産のもうしたてを考えているなら、免責に時間がかかるので、直ぐに法律事務所に電話して無料めんだんをやってもらっててつづきを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.