大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある森脇雅典法律事務所の情報

投稿日:



私はなんねんかまえに自己破産した52歳の独身男性です。

このホームページでは、じこはさんを考えているかたに、私の経験から得た情報をしるしています。

けつろんからいうと、自己破産は弁護士にただで相談して代理で申し立ててもらうとすいすいと免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

森脇雅典法律事務所

所在地

〒542-0081大阪府大阪市中央区南船場2丁目6-24

TEL:TEL 06-6264-3045

どういう理由で自己破産をもうしたてたのかをはなしします。

ビジネスの商材やセミナーのにゅうしゅをクレジットカードのリボばらいで決済していました。

ひと月の給料よりもリボ払いの利息の高くなってしまいました。

ある時たいびょうをわずらい、ちりょうひが必要になるので、リボばらいの利息をはらいきれなくなりました。

途方に暮れた私は、消費生活センターやその地域の弁護士会に電話で話をしました。

そうしたらじこはさんでリボ払いの利息をゼロにして、借金がゼロの状態にしたらどうかとアドバイスされました。

その後わたしの居住地からちかくにあるべんごし事務所にでんわして、直接事務所にでむいて、30分の無料めんだんをおこないました。

じむしょには2度出向くだけでした。

それから電話とゆうびんで事務所やべんごしさんと連絡をとりあってじこはさんの手続きをすすめました。

じこはさんの申立にはちゃくしゅきんとべんごしのだいりえんじょを合計して大体15万円つかいました。

15万円を支払う能力が無かったので、法テラスの扶助制度をりようすることで、いちじてきに建て替えました。

15万円をわたしの支払する能力にあうようにして、必要としたお金をまいつき法テラスに口座引き落としで支払いました。

けっきょくは、弁護士事務所に面談にいってから十か月後に、じこはさんの免責が許可をうけました。

じこはさんは、私の人生の汚点です。

デビットカードはりようできるけれど、クレジットカードが利用できない欠点があるわけです。

しかし、破産した事実を周りのひとにいわなければきづかれずに済むのです。

私が自己破産してしまったことを知っている人は、ごくげんていされているわけです。

リボ払いの利息がゼロになったことで、借金の苦しみがなくなりました。

ちかごろはクレカの期間がはやくおわるようにとまちながら仕事にいます。

とにかく、自己破産の申し立てをけんとうしているなら、免責に時間がかかるので、直ちに弁護士事務所にでんわして無料の相談をやってもらって手続を。



街角法律相談所

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2017 AllRights Reserved.