大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある梅田総合法律事務所の情報

投稿日:

私は2年前にに自己破産した三十代独身だんせいです。

当ブログでは、自己破産をけんとうしているかたに、私の事例から得たおはなしを伝えています。

答えからいうと、じこはさんは弁護士に0えんで面談してだいりで申し立ててもらうとえんかつに免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

梅田総合法律事務所

所在地

〒530-0004大阪府大阪市北区堂島浜1丁目1-5

TEL:TEL 06-6348-5566

どういうわけでじこはさんを申し立てたのかをおはなしします。

じこけいはつの商材や塾のこうにゅうをクレカのリボ払いで支払いしていました。

月のきゅうりょうよりもリボ払いの利息の高くなってしまいました。

あるひ大病をわずらい、ちりょうひようがかかるので、リボ払いの利息を払いきれなくなりました。

困り果てた私は、消費生活センターやその地域の弁護士会に電話でおはなしをおこないました。

すると自己破産でリボばらいのりそくをなしにして、借金が無い状態にしたらどうかとアドバイスされました。

そして自分の所在地から近いほうりつ事務所につうわして、直で事務所にでむいて、30分の無料相談をしたのです。

じむしょには2度いくだけでした。

そしてつうわと郵便で事務所やべんごしさんと連絡をとりあって自己破産の手続きを進めました。

自己破産の申し立てには着手金とべんごしの代理援助をあわせるとだいたい15万円ついやしました。

15万円を支払うのうりょくがありませんでしたので、法テラスの扶助制度を使用して、すこしのあいだだけ建て替えました。

15万円を私の支払いする能力に従って、かかったきんがくを1か月ごとに法テラスに口座引き落としで支払いました。

最終的には、弁護士事務所に話に足を運んでから十か月後に、自己破産のめんさいが許可を受けたのです。

自己破産は、私のしょうがいのおてんです。

デビットカードは使用できるけれど、クレジットカードがつかえないけってんがあるわけです。

だけども、破産した事をほかのひとにいわなければしられずにすみます。

わたしがはさんしてしまった事実を知っている人は、ごくかぎられているというわけです。

リボ払いの利息がゼロになったことで、しゃっきんの悩みがありません。

ちかごろはカードのきかんが早くおわるようにと待ちながら仕事にいるわけです。

ということから、じこはさんの申し立てを考えているなら、免責にじかんがひつようとなるので、直ぐに弁護士事務所に連絡してむりょう相談を受けててつづきを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.