大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にあるしんゆう法律事務所の情報

投稿日:

私はかなりまえに自己破産した45歳の独身おんなです。

このページでは、自己破産を考えている方に、わたしのたいけんからえたないようを伝えています。

結論からいうと、じこはさんは弁護士にむりょうそうだんして代理でもうしたててもらうと問題なく免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

しんゆう法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満3丁目14-16

TEL:TEL 06-6313-1545

なんで自己破産を申し立てたのかをはなしします。

スキルアップの教材やこうしゅうかいのにゅうしゅをカードのリボ払いで清算していました。

月の給与よりもリボ払いの利息のこうがくになってしまいました。

ある日大病をわずらい、治療費が必要なので、リボばらいの利息をしはらいきれなくなりました。

困り果てたわたしは、消費生活センターやその地域の弁護士会に携帯で相談をおこないました。

そうすると自己破産でリボ払いのりそくをなしにして、借金がないじょうたいにしたらどうかと提案されました。

そのご私のきょじゅうちからきんきょりの弁護士じむしょにつうわして、ちょくでじむしょに行って、30分の無料そうだんをしたわけです。

事務所には2度行くだけでした。

そして電話と郵便でじむしょや弁護士と連絡をとりあって自己破産の手続を進めました。

自己破産の申し立てにはちゃくしゅきんとべんごしの代理援助を合わせると約15万円つかいました。

15万円をしはらう能力が無かったので、法テラスの扶助制度をつかって、いちじてきに建て替えました。

15万円を私の返済する力にしたがって、かかった金額を月に1回法テラスに口座振替で支払いました。

結局は、べんごし事務所に話に行ってから十か月後に、自己破産の免責が許可をうけたのです。

自己破産は、わたしの人生の汚点です。

デビットカードは使用できるけれど、クレカがしようできないデメリットがあります。

けれども、自己破産したことを他人にいわなければきづかれずに済みます。

わたしがはさんしてしまった事を知っている人は、ごく限定されています。

リボばらいの利息がなくなったことで、借金の悩みが無くなりました。

今はクレジットカードの期限がはやく終わるようにとまちながらおしごとにいるのです。

とにかく、自己破産のもうしたてを考えているなら、免責に時間がひつようなので、さいしょから弁護士事務所に電話してむりょう面談を受けて手続きを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.