大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある高橋正人の情報

投稿日:

わたしは11かげつまえにじこはさんした30代未婚じょせいです。

当サイトでは、じこはさんを考えている方に、わたしのけいけんから得たじょうほうを綴っています。

こたえからいうと、自己破産は弁護士さんに0えんで相談して代理で申し立ててもらうとえんかつに免責きょかがもらえます。

近くの法律事務所

高橋正人

所在地

〒530-0055大阪府大阪市北区野崎町6-7

TEL:TEL 06-6365-7140

なんで自己破産を申し立てたのかを話しします。

自己啓発のしょうざいやセミナーの購入をクレジットカードのリボばらいでせいさんしていました。

1かげつの収入よりもリボ払いの利息のたかくなってしまいました。

ある時大病をわずらい、手術費がはらうことになるので、リボ払いの利息を払いきれなくなりました。

困り果てた私は、消費生活センターやその地域の弁護士会にでんわで相談をしました。

そうするとじこはさんでリボばらいの利息をゼロにして、借金が無い状態にしたらどうかとアドバイスされました。

その後うちの住所からあまりはなれていないほうりつ事務所にでんわして、直で事務所に行って、30分の無料めんだんをしました。

事務所には2ど足を運ぶだけでした。

そしてつうわとゆうそうでじむしょや弁護士さんと連絡をとりあって自己破産のてつづきを進めました。

自己破産の申立てには着手金と弁護士さんの代理援助を合わせておよそ15万円ついやしました。

15万円を払う能力がなかったので、法テラスの扶助制度をりようして、一時的にたてかえました。

15万円を私のしはらいする能力に合わせて、かかったきんがくを毎月1回法テラスに口座引落で払いました。

最終的には、ほうりつ事務所に相談に行ってから10ヶ月後に、自己破産のめんさいが許可をうけたのです。

自己破産は、わたしの人生の汚点です。

デビットカードは使えるけれど、クレジットカードがつかえないけってんがあります。

だけども、じこはさんしたじじつをほかの人にいわなければ気づかれずに済みます。

私が自己破産してしまったじじつを知っている方は、ごく限定されています。

リボばらいの利息がゼロになったことで、へんさいの不安がなくなりました。

げんざいはクレカの期間があっという間に終わるようにとまちながらお仕事にいるわけです。

ということから、自己破産の申し立てをけんとうしているなら、免責に時間が要するので、すぐに弁護士事務所にれんらくして無料の相談を受けててつづきを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.