大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある桜橋法律事務所の情報

投稿日:

私は3年前に自己破産した31歳の未婚じょせいです。

当ページでは、じこはさんを考えている人に、私の体験からわかったお話を書いています。

こたえからいうと、自己破産は弁護士さんに0えんで相談して代理で申し立ててもらうとすいすいと免責きょかがもらえます。

近くの法律事務所

桜橋法律事務所

所在地

〒530-0003大阪府大阪市北区堂島2丁目2-2

TEL:TEL 06-6344-5198

どういうりゆうでじこはさんを申し立てたのかをはなしします。

自己啓発のしょうざいや講習会の入手をクレジットカードのリボ払いでしはらいしていました。

つきの給料よりもリボ払いのりそくの高くなってしまいました。

あるひ大病をわずらい、医療費が必要になるので、リボ払いのりそくをしはらいきれなくなりました。

途方に暮れた私は、消費生活センターや地元の弁護士会にけいたいでそうだんをしました。

そうすると自己破産でリボ払いの利息をぜろにして、借金がないじょうたいにしたらどうかと提案されました。

そしてじぶんのきょじゅうちからあまりはなれていないべんごしじむしょに電話して、直接じむしょにでむいて、30分のむりょう面談をおこないました。

じむしょには2ど出向くだけでした。

そしてつうわと郵送で事務所やべんごしとれんらくをとりあって自己破産の手続をすすめました。

自己破産の申立にはちゃくしゅきんと弁護士さんの代理援助を合わせるとおよそ15万円使いました。

15万円を支払う能力がなかったので、法テラスの扶助制度を利用して、その時だけたてかえました。

15万円を私の返済する能力にしたがって、かかった費用を月毎に法テラスに口座引落で支払いました。

結果的には、弁護士じむしょにはなしに行ってから10ヶ月後に、自己破産のめんさいが許可をうけました。

じこはさんは、私のじんせいの汚点です。

デビットカードはつかえるけれど、クレカがつかえない欠点があります。

ですが、じこはさんしたことをほかの人にいわなければきづかれずにすみます。

私が自己破産してしまった事実を知っている方は、ごくかぎられているわけです。

リボ払いの利息がゼロになったことで、しゃっきんのなやみがありません。

現在はクレカの期間があっというまにおわるようにとまちながらお仕事におります。

ということで、自己破産の申し立てを考えているなら、免責にじかんがかかるので、急いでべんごし事務所にでんわしてむりょうのそうだんを受けて手続を。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.