大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大東市 大阪府

大阪府大東市にある住道法律事務所の情報

投稿日:

わたしは以前にじこはさんした32歳の未婚男性です。

この記事では、自己破産をけんとうしている人に、私のたいけんからわかったじょうほうをかいています。

結論からいうと、じこはさんは弁護士にむりょう相談して代わりで申し立ててもらうとスムーズにめんさい許可がもらえます。

近くの法律事務所

住道法律事務所

所在地

〒574-0041大阪府大東市浜町12-18

TEL:TEL 072-806-8508

なぜ自己破産を申し立てたのかをお伝えします。

ビジネスのしょうざいやじゅくのにゅうしゅをカードのリボばらいで決済していました。

毎月の給料よりもリボばらいの利息の高額になってしまいました。

ある時大病をわずらい、医療費がひつようになるので、リボばらいの利息を払いきれなくなりました。

こまりはてた私は、消費生活センターやじもとの弁護士会に電話で話を行ないました。

すると自己破産でリボ払いのりそくをゼロにして、借金がない状態にしたらどうかと提案されました。

それから私のきょじゅうちからきんきょりのべんごし事務所に通話して、ちょくでじむしょにいき、30分のむりょうめんだんをしたわけです。

事務所には2度足を運ぶだけでした。

そして電話とゆうそうで事務所や弁護士とコミュニケーションをとりあって自己破産の手続きをすすめました。

自己破産の申立てには着手金とべんごしのだいりえんじょを合計して約15万円つかいました。

15万円をはらう力がなかったので、法テラスの扶助制度を使って、いちじてきに建て替えました。

15万円を私のへんさいする能力に合わせて、かかったお金を月に1度法テラスに口座引落ではらいました。

結果的には、べんごしじむしょに面談に行ってから十か月後に、じこはさんの免責が許可をうけたのです。

自己破産は、わたしのじんせいの汚点です。

デビットカードは使えるけれど、カードが使用できない欠点があります。

ですが、破産したことを他の人にいわなければ知られずに済みます。

私が自己破産してしまったじじつを知っている人は、ごくげんていされているというわけです。

リボ払いの利息がなくなったことで、へんさいの苦しみがきえました。

げんざいはクレカの期間が早くおわるようにと待ちながら仕事にいるわけです。

よって、自己破産の申し立てを考えているなら、めんさいにじかんが必要なので、最初から弁護士じむしょに連絡してむりょう相談をやってもらって手続を。

-大東市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.