大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある山脇・川本法律事務所の情報

投稿日:

私はかなり前にじこはさんした50代みこん男性です。

このホームページでは、自己破産を考えているひとに、私のじつれいからわかったないようを伝えています。

結論からいうと、自己破産は弁護士にむりょう相談して代わりで申し立ててもらうとすいすいと免責きょかがもらえます。

近くの法律事務所

山脇・川本法律事務所

所在地

〒550-0003大阪府大阪市西区京町堀1丁目9-10-503

TEL:TEL 06-6441-7088

どういう理由で自己破産を申し立てたのかをおはなしします。

しかくのテキストやスクールの購入をクレカのリボばらいで支払いしていました。

まいつきの収入額よりもリボばらいの利息のたかくなってしまいました。

ある日大病をわずらい、ちりょうひようがかかるので、リボ払いのりそくをはらいきれなくなりました。

こまりはてたわたしは、消費生活センターや地元の弁護士会に電話で相談を行ないました。

そうしたら自己破産でリボばらいの利息をゼロにして、借金がないじょうたいにしたらどうかと提案されました。

そうして自分のじゅうしょからあまりはなれていない法律事務所に電話して、ちょくで事務所に出掛けて、30分の無料相談をしました。

じむしょには二回でむくだけでした。

そして電話と郵送でじむしょや弁護士と連絡をとりあってじこはさんの手続きを進めました。

じこはさんの申立てにはちゃくしゅきんと弁護士の代理援助をまとめるとやく15万円ひつようでした。

15万円をしはらう力が無かったので、法テラスの扶助制度をりようして、そのときだけ建て替えました。

15万円を私の支払いする能力にしたがって、必要とした費用を月毎に法テラスに口座振替で払いました。

さいしゅうてきには、ほうりつじむしょに話にいってから十か月後に、じこはさんの免責が許可をうけたのです。

自己破産は、わたしのじんせいのおてんです。

デビットカードはしようできるけれど、クレカが使えない欠点があります。

その一方で、自己破産した事実を他の人に言わなければ気づかれずに済みます。

私がじこはさんしたじじつを知っているかたは、ごく限られているのです。

リボばらいの利息がなくなったことで、借金の心配がきえました。

げんざいはカードのきげんが早くおわるようにと待ちながら仕事にいます。

とにかく、じこはさんのもうしたてをかんがえているなら、めんさいに時間がようするので、ためらわずにほうりつ事務所に連絡してむりょうめんだんを受けて手続きを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.