大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある佐藤吉浩法律事務所の情報

投稿日:

わたしは3年前に自己破産した40歳のきこんおとこです。

このページでは、じこはさんを検討している方に、わたしのじれいから得たおはなしを綴っています。

こたえからいうと、自己破産はべんごしさんに無料相談して代わりでもうしたててもらうともんだいなくめんさいきょかがもらえます。

近くの法律事務所

佐藤吉浩法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満5丁目9-7-301

TEL:TEL 06-6361-8080

どうして自己破産をもうしたてたのかをお話します。

しかくの教材やじゅくのこうにゅうをクレジットカードのリボばらいで支払いしていました。

毎月の収入額よりもリボばらいのりそくの高額になってしまいました。

ある日大病をわずらい、ちりょうひがはらうことになるので、リボ払いのりそくを支払いきれなくなりました。

こまりはてたわたしは、消費生活センターやそのエリアの弁護士会に電話で相談をしてみたのです。

するとじこはさんでリボばらいの利息をゼロにして、しゃっきんがゼロのじょうたいにしたらどうかと提案されました。

そのご自分のしょざいちからあまり離れていない弁護士じむしょに電話して、直に事務所に行って、30分の無料めんだんをしたんです。

事務所には2どでむくだけでした。

そして通話とゆうそうで事務所やべんごしと連絡をとりあってじこはさんの手続をすすめました。

自己破産の申し立てには着手金とべんごしの代理援助をまとめると約15万円かかりました。

15万円を支払う能力がなかったので、法テラスの扶助制度を利用して、一時的に建て替えました。

15万円を私の支払いするちからにしたがって、かかったお金を毎月法テラスに口座振替ではらいました。

結果的には、法律事務所にめんだんにいってから十か月後に、自己破産の免責がきょかを受けました。

自己破産は、私のいっしょうの汚点です。

デビットカードは使えるけれど、クレジットカードがりようできないデメリットがあります。

しかし、じこはさんしたことを誰にもいわなければ知られずに済みます。

私がじこはさんしたことを知る人は、ごく限定されているのです。

リボ払いのりそくがなくなったことで、借金の不安がきえました。

現在はクレジットカードのきげんがあっというまに終わるようにとまちながらしごとにいるわけです。

ということから、自己破産の申し立てをけんとうしているなら、免責に時間がひつようなので、急いでべんごしじむしょに連絡して無料相談を受けててつづきを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.