大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある岡・明賀・黒田・松田法律事務所の情報

投稿日:

私はかこにじこはさんした四十代独身だんせいです。

このホームページでは、自己破産をかんがえている人に、私のじれいからえたおはなしを記しています。

結論からいうと、じこはさんは弁護士さんに無料そうだんしてかわりでもうしたててもらうとスムーズに免責きょかがもらえます。

近くの法律事務所

岡・明賀・黒田・松田法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満6丁目8-7

TEL:TEL 06-6361-2163

なんで自己破産をもうしたてたのかをお話します。

ビジネスの教材やスクールの購入をクレジットカードのリボ払いでせいさんしていました。

つきの給与よりもリボ払いの利息のこうがくになってしまいました。

あるひ大病をわずらい、治療費用がかかるので、リボ払いの利息をはらいきれなくなりました。

困り果てたわたしは、消費生活センターや地元の弁護士会に電話で相談をしたのです。

そうしたらじこはさんでリボ払いの利息を無しにして、借金がぜろの状態にしたらどうかとアドバイスされました。

そのごうちのしょざいちから近くにあるべんごし事務所に通話して、じかに事務所に出かけて、30分の無料相談をしました。

事務所には2度行くだけでした。

そうして通話と郵便で事務所やべんごしさんとれんらくをとりあってじこはさんのてつづきを進めました。

自己破産の申立てには着手金と弁護士の代理援助を合わせて大体15万円かかりました。

15万円をしはらう能力がなかったので、法テラスの扶助制度をりようすることで、そのときだけ建て替えました。

15万円をわたしのへんさいするのうりょくに従って、かかったひようを1か月毎に法テラスに口座引き落としで支払いました。

遂には、ほうりつ事務所に面談に足を運んでから10ヶ月後に、自己破産のめんさいがきょかされました。

自己破産は、私の人生の汚点です。

デビットカードは使えるけれど、クレカがしようできないデメリットがあるわけです。

そのいっぽうで、はさんしたことを他の人に言わなければしられずにすみます。

私が破産した事実をしるひとは、ごくかぎられているのです。

リボ払いの利息がなくなったことで、借金のなやみが消えました。

げんざいはクレジットカードの期間があっという間におわるようにと待ちながら仕事にいます。

ということで、自己破産のもうしたてをかんがえているなら、めんさいにじかんがひつようなので、直ちに法律事務所に連絡して無料の相談を受けて手続きを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.