大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある平山明彦法律事務所の情報

投稿日:

私は2ねんまえに自己破産した46歳のシングルの男性です。

このホームページでは、じこはさんをかんがえているかたに、私のたいけんから得た内容をお伝えしています。

けつろんからいうと、じこはさんはべんごしさんに無料面談して代わりでもうしたててもらうともんだいなくめんさい許可がもらえます。

近くの法律事務所

平山明彦法律事務所

所在地

〒541-0059大阪府大阪市中央区博労町3丁目6-14-304

TEL:TEL 06-6243-6300

なぜ自己破産を申し立てたのかをお話します。

ビジネスの商材やセミナーのこうにゅうをクレジットカードのリボばらいでしはらいしていました。

毎月の収入よりもリボ払いの利息のこうがくになってしまいました。

あるひ大病をわずらい、ちりょうひが必要になるので、リボ払いの利息を支払いきれなくなりました。

困り果てた私は、消費生活センターやじもとの弁護士会にでんわではなしをしたのです。

そうすると自己破産でリボばらいの利息をゼロにして、借金がない状態にしたらどうかとアドバイスされました。

そうしてわたしのじゅうしょからあまり離れていない弁護士じむしょにでんわして、じかにじむしょに出かけて、30分の無料面談をしました。

事務所には2回行くだけでした。

それからでんわと郵便でじむしょや弁護士さんとれんらくをとりあって自己破産の手続きを進めました。

じこはさんの申立には着手金と弁護士の代理援助をまとめるとおよそ15万円費やしました。

15万円を支払うちからがなかったので、法テラスの扶助制度を使用して、一時的にたてかえました。

15万円を私の返済する力に応じて、かかった費用を毎月法テラスに口座引き落としで支払いました。

最終的には、べんごし事務所にめんだんに行ってから10ヶ月後に、自己破産の免責が許可を受けたのです。

自己破産は、私の人生の汚点です。

デビットカードはりようできるけれど、クレジットカードがつかえない欠点があるわけです。

そのいっぽうで、破産したことをまわりのひとに言わなければ知られずにすむのです。

私がじこはさんしてしまったじじつをしる人は、ごくかぎられているのです。

リボ払いの利息がなくなったことで、借金のなやみがきえました。

最近はカードの期間があっという間に終わるようにとまちながらお仕事にいるのです。

よって、じこはさんの申立てを考えているなら、めんさいに時間がようするので、急いで弁護士事務所に電話して無料相談を受けて手続きを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.