大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある新晴法律事務所の情報

投稿日:

私はすうねんまえにじこはさんした36歳の既婚男性です。

このページでは、じこはさんをかんがえている人に、私の体験から得たおはなしを記しています。

結論からいうと、自己破産はべんごしさんに無料相談して代理で申し立ててもらうとスムーズにめんさい許可がもらえます。

近くの法律事務所

新晴法律事務所

所在地

〒541-0046大阪府大阪市中央区平野町1丁目8-13

TEL:TEL 06-6232-1986

なぜ自己破産をもうしたてたのかをおはなしします。

資格のテキストやスクールのにゅうしゅをカードのリボ払いで支払いしていました。

1か月のしゅうにゅうがくよりもリボ払いのりそくの高額になってしまいました。

ある時大病をわずらい、ちりょうひようがかかるので、リボ払いのりそくをしはらいきれなくなりました。

困り果てたわたしは、消費生活センターや地元の弁護士会に電話で相談をおこないました。

そうしたらじこはさんでリボ払いのりそくをぜろにして、借金がゼロの状態にしたらどうかとていあんされました。

そのごじぶんの住所からあまり離れていないほうりつ事務所に通話して、じかに事務所に出向いて、30分の無料相談をしたんです。

事務所には2かい出向くだけでした。

そうして電話とゆうびんで事務所や弁護士と連絡をとりあって自己破産の手続きを進めました。

じこはさんの申立てにはちゃくしゅきんと弁護士のだいりえんじょをあわせて大体15万円掛かりました。

15万円を払う能力がなかったので、法テラスの扶助制度を使用して、少しの間だけ建て替えました。

15万円を私の支払いするちからに従って、掛かった金額をまいつき法テラスにこうざひきおとしで払いました。

最終的には、ほうりつ事務所にはなしに行ってから10ヶ月後に、自己破産の免責がきょかをしてもらいました。

自己破産は、私のしょうがいの汚点です。

デビットカードはつかえるけれど、クレカが使えない欠点があります。

その一方で、自己破産した事を誰にもいわなければ気づかれずに済むのです。

私が自己破産してしまったことをしっている人は、ごくげんていされています。

リボ払いの利息がなくなったことで、へんさいのくるしみが無くなりました。

近頃はカードの期限がはやく終わるようにと待ちながらしごとにいるのです。

ということから、自己破産の申立てを考えているなら、めんさいに時間がひつようとなるので、直ぐに弁護士事務所にでんわしてむりょうのそうだんを受けて手続きを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.