大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある新中之島法律事務所の情報

投稿日:

私はいぜんにじこはさんした37歳の未婚女性です。

当ページでは、じこはさんを検討している人に、私の体験から得たじょうほうを綴っています。

結論からいうと、自己破産はべんごしにむりょう相談してかわりで申し立ててもらうと円滑にめんさい許可がもらえます。

近くの法律事務所

新中之島法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満4丁目5-5-808

TEL:TEL 06-6364-1002

どういう訳でじこはさんを申し立てたのかをはなしします。

自己啓発のテキストやじゅくの購入をクレカのリボ払いでせいさんしていました。

まいつきのしゅうにゅうがくよりもリボ払いの利息の高くなってしまいました。

あるひ大病をわずらい、治療費がひつようなので、リボ払いの利息を払いきれなくなりました。

困り果てたわたしは、消費生活センターやそのエリアの弁護士会に電話で相談をしてみたのです。

そうすると自己破産でリボばらいのりそくをゼロにして、借金がない状態にしたらどうかとていあんされました。

その後うちの居住地からあまりはなれていない弁護士事務所に電話して、直接じむしょに行って、30分の無料そうだんをしたんです。

事務所には二回行くだけでした。

そして電話とゆうびんでじむしょや弁護士と連絡をとりあって自己破産の手続をすすめました。

自己破産のもうしたてにはちゃくしゅきんとべんごしさんのだいりえんじょを合計してほぼ15万円使いました。

15万円を払うのうりょくがなかったので、法テラスの扶助制度を利用することで、すこしのあいだだけ建て替えました。

15万円を私の支払するちからに合うようにして、必要とした金額をつきごとに法テラスにこうざひきおとしではらいました。

さいしゅうてきには、弁護士事務所にそうだんに行ってから10ヶ月後に、自己破産のめんさいが許可を受けました。

自己破産は、わたしの一生の汚点です。

デビットカードはりようできるけれど、カードが使えない欠点があります。

けれども、破産した事をほかの人に言わなければきづかれずに済みます。

私が破産した事実を知っているひとは、ごくかぎられているのです。

リボ払いの利息がなくなったことで、へんさいの心配がきえました。

ちかごろはクレカの期間があっというまに終わるようにとまちながらおしごとにいるわけです。

よって、自己破産の申立てをかんがえているなら、免責に時間がかかるので、ためらわずにべんごし事務所に電話して無料のそうだんを受けててつづきを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.