大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある在間秀和法律事務所の情報

投稿日:

わたしは2年前にに自己破産した39歳の未婚おとこです。

このHPでは、じこはさんを考えている方に、私のけいけんからわかったないようをお伝えしています。

こたえからいうと、自己破産は弁護士さんに無料めんだんしてだいりでもうしたててもらうと円滑にめんさいきょかがもらえます。

近くの法律事務所

在間秀和法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満2丁目5-7

TEL:TEL 06-6365-1550

何でじこはさんを申し立てたのかをかたりします。

しかくのテキストやセミナーのにゅうしゅをクレジットカードのリボばらいでしはらいしていました。

つきの収入よりもリボ払いの利息の高額になってしまいました。

あるとき大病をわずらい、しゅじゅつひがかかるので、リボばらいの利息を支払いきれなくなりました。

困り果てた私は、消費生活センターやじもとの弁護士会に電話で相談をしてみたのです。

そうしたら自己破産でリボ払いのりそくをぜろにして、借金が無い状態にしたらどうかと提案されました。

そしてじぶんのきょじゅうちから近距離のべんごしじむしょにつうわして、じかにじむしょに行き、30分の無料めんだんをしたのです。

事務所には二度いくだけでした。

それからでんわとゆうびんでじむしょや弁護士と連絡をとりあって自己破産の手続をすすめました。

じこはさんのもうしたてにはちゃくしゅきんとべんごしさんのだいりえんじょを合わせて約15万円かかりました。

15万円を支払う力が無かったので、法テラスの扶助制度を使って、少しの間だけ建て替えました。

15万円をわたしの返済する能力にあわせて、掛かったきんがくを毎月1回法テラスにこうざふりかえで払いました。

さいしゅうてきには、法律じむしょに相談にあしをはこんでから十か月後に、じこはさんの免責が許可されました。

じこはさんは、わたしの人生の汚点です。

デビットカードはりようできるけれど、クレカが使えないデメリットがあるわけです。

しかし、破産したじじつをしゅういに言わなければ知られずに済みます。

私がはさんしちゃったことを知っている人は、ごく限られているのです。

リボ払いの利息がゼロになったことで、へんさいの心配が消えました。

現在はクレジットカードの期限がはやく終わるようにと待ちながら仕事にいます。

とにかく、自己破産の申し立てを検討しているなら、めんさいにじかんが必要となるので、はじめからべんごし事務所にれんらくして無料相談をしてもらっててつづきを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.