大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にあるいぐち法律事務所の情報

投稿日:

わたしは2年前ににじこはさんした30歳のどくしんおとこです。

このサイトでは、自己破産をかんがえているひとに、わたしの実例からえた情報をかいています。

結論からいうと、自己破産は弁護士にむりょう相談して代理でもうしたててもらうとえんかつに免責きょかがもらえます。

近くの法律事務所

いぐち法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満2丁目3-9-5F

TEL:TEL 06-6363-5003

どんな理由でじこはさんを申し立てたのかを語りします。

資格のてきすとや塾のこうにゅうをカードのリボ払いで清算していました。

毎月の給与よりもリボ払いのりそくの高くなってしまいました。

ある時たいびょうをわずらい、治療費がかかるので、リボ払いの利息を払いきれなくなりました。

困り果てた私は、消費生活センターやその地域の弁護士会に電話ではなしを行ないました。

そうしたらじこはさんでリボばらいの利息をなしにして、借金がゼロの状態にしたらどうかとていあんされました。

その後わたしの居住地から近い弁護士じむしょに通話して、ちょくで事務所に行って、30分の無料めんだんをしたのです。

じむしょには2回あしをはこぶだけでした。

そうして電話と郵便で事務所や弁護士さんと連絡をとりあって自己破産の手続を進めました。

自己破産の申立には着手金とべんごしさんの代理援助をまとめると大体15万円かかりました。

15万円を払う力がなかったので、法テラスの扶助制度をしようして、一時的に建て替えました。

15万円を私の返済する能力にあわせて、かかったお金を月に1回法テラスにこうざふりかえでしはらいました。

遂には、べんごし事務所にはなしに行ってから10ヶ月後に、じこはさんの免責がきょかをうけました。

じこはさんは、私の一生の汚点です。

デビットカードは利用できるけれど、クレカがつかえないデメリットがあるというわけです。

だけども、じこはさんしたじじつを誰にもいわなければきづかれずに済みます。

私が自己破産したことを知っているかたは、ごくげんていされています。

リボ払いの利息がなくなったことで、借金のくるしみがきえました。

この頃はクレジットカードの期間がはやくおわるようにと待ちながら仕事にいるわけです。

ですから、じこはさんの申し立てを考えているなら、免責に時間がひつようなので、いそいで弁護士事務所にでんわして無料そうだんをうけて手続を。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.