大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある和田法律事務所の情報

投稿日:

わたしはかなりまえに自己破産した40代シングルのおんなです。

当ページでは、じこはさんを検討している方に、わたしのたいけんから得たないようをお伝えしています。

こたえからいうと、自己破産は弁護士にタダで相談して代理でもうしたててもらうと円滑にめんさいきょかがもらえます。

近くの法律事務所

和田法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満2丁目3-15

TEL:TEL 06-6361-6522

どんなりゆうでじこはさんを申し立てたのかをかたりします。

しかくの教材や講習会のにゅうしゅをクレジットカードのリボ払いでけっさいしていました。

毎月の収入よりもリボ払いのりそくの高くなってしまいました。

あるとき大病をわずらい、医療費がひつようになるので、リボ払いのりそくをはらいきれなくなりました。

とほうにくれた私は、消費生活センターやその地域の弁護士会に電話ではなしをしたわけです。

そうするとじこはさんでリボ払いのりそくをゼロにして、借金がぜろのじょうたいにしたらどうかとていあんされました。

そうしてうちの住所からあまり離れていないべんごしじむしょに電話して、直接じむしょに行って、30分の無料そうだんをしたのです。

じむしょには2どでむくだけでした。

それからでんわと郵送でじむしょやべんごしと連絡をとりあって自己破産の手続を進めました。

じこはさんのもうしたてにはちゃくしゅきんとべんごしさんのだいりえんじょを合計してだいたい15万円ひつようでした。

15万円を支払う力がなかったので、法テラスの扶助制度をつかって、一時的にたてかえました。

15万円を私の支払いする能力に応じて、かかった費用を月に1回法テラスに口座引落ではらいました。

最終的には、法律じむしょにそうだんに行ってから十か月後に、自己破産の免責がきょかを受けたのです。

自己破産は、私のしょうがいのおてんです。

デビットカードは利用できるけれど、クレカが使えないデメリットがあります。

ですが、じこはさんしたことをたにんにいわなければしられずにすみます。

わたしが破産した事を知っている人は、ごく限定されているわけです。

リボばらいの利息がゼロになったことで、借金のしんぱいが無くなりました。

ちかごろはカードのきげんがあっというまに終わるようにと待ちながらしごとにいるわけです。

とにかく、自己破産の申し立てを考えているなら、免責に時間がようするので、急いで法律事務所にでんわしてむりょう相談を受けててつづきを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.