大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある大阪弁護士会なんば法律相談センターの情報

投稿日:

わたしは1ねんまえにじこはさんした46歳の独身おとこです。

当記事では、自己破産を考えているかたに、わたしの事例からわかった内容をおつたえしています。

けつろんからいうと、自己破産はべんごしさんにただで面談して代理でもうしたててもらうと円滑にめんさいきょかがもらえます。

近くの法律事務所

大阪弁護士会なんば法律相談センター

所在地

〒542-0076大阪府大阪市中央区難波4丁目4-1

TEL:TEL 06-6645-1273

どういうわけで自己破産を申し立てたのかをはなしします。

ビジネスの教材やこうしゅうかいのこうにゅうをクレジットカードのリボ払いで清算していました。

まいつきのきゅうりょうよりもリボばらいの利息のたかくなってしまいました。

あるひ大病をわずらい、治療費用が必要になるので、リボ払いのりそくを払いきれなくなりました。

とほうにくれたわたしは、消費生活センターやそのちいきの弁護士会にけいたいで話をしました。

すると自己破産でリボ払いのりそくをなしにして、しゃっきんがない状態にしたらどうかとていあんされました。

そしてうちの居住地から近くにある弁護士事務所につうわして、直接事務所に行って、30分の無料相談をしました。

じむしょには2度行くだけでした。

そうして電話と郵便で事務所やべんごしとコミュニケーションをとりあってじこはさんのてつづきを進めました。

じこはさんの申立には着手金とべんごしの代理援助をごうけいして大体15万円必要でした。

15万円を支払う能力が無かったので、法テラスの扶助制度を使用して、そのときだけ建て替えました。

15万円を私の支払いする力に応じて、掛かったひようを毎月1度法テラスに口座引き落としでしはらいました。

結果的には、弁護士事務所に話にあしをはこんでから10ヶ月後に、じこはさんのめんさいが許可をうけました。

自己破産は、私の生涯の汚点です。

デビットカードはりようできるけれど、カードがつかえないけってんがあるというわけです。

ですが、破産したじじつを誰にもいわなければ気づかれずに済みます。

わたしがはさんしちゃった事実を知る方は、ごく限定されています。

リボばらいのりそくが無くなったことで、返済の不安が無くなりました。

さいきんはクレカのきげんが早く終わるようにと待ちながらしごとにいます。

ということで、自己破産の申し立てをかんがえているなら、免責に時間がようするので、直ぐに弁護士じむしょに電話してむりょう面談をしてもらって手続きを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.