大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある伊賀総合法律事務所の情報

投稿日:

私は10かげつまえにじこはさんした43歳の独身男性です。

当サイトでは、自己破産を考えている人に、私の体験から得たないようをかいています。

答えからいうと、自己破産は弁護士さんにタダで相談して代わりでもうしたててもらうとすいすいと免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

伊賀総合法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満4丁目6-4

TEL:TEL 06-6312-1705

なぜ自己破産を申し立てたのかを話しします。

ビジネスの教材やじゅくのにゅうしゅをクレカのリボばらいで清算していました。

1かげつのしゅうにゅうよりもリボ払いのりそくのたかくなってしまいました。

あるひ大病をわずらい、ちりょうひが払うことになるので、リボ払いのりそくを払いきれなくなりました。

困り果てたわたしは、消費生活センターやその地域の弁護士会に電話ではなしをしてみたのです。

そうしたら自己破産でリボ払いの利息をゼロにして、借金が無い状態にしたらどうかと提案されました。

その後自分のじゅうしょからちかくにある法律事務所に通話して、直に事務所にいき、30分の無料そうだんをしました。

事務所には2回あしをはこぶだけでした。

それから電話と郵送で事務所やべんごしと連絡をとりあってじこはさんのてつづきを進めました。

自己破産の申立てにはちゃくしゅきんとべんごしの代理援助を合わせて約15万円費やしました。

15万円を支払う力が無かったので、法テラスの扶助制度を活用して、一時的に建て替えました。

15万円を私の返済するちからに応じて、かかった金額を1か月ごとに法テラスにこうざひきおとしではらいました。

遂には、弁護士じむしょに相談に足を運んでから10ヶ月後に、じこはさんのめんさいが許可を受けたのです。

自己破産は、わたしの一生の汚点です。

デビットカードは使用できるけれど、クレカが利用できない欠点があります。

だけども、じこはさんした事実をたにんにいわなければ知られずに済みます。

私がじこはさんした事実をしっている人は、ごくかぎられています。

リボばらいの利息がなくなったことで、返済の心配が消えました。

げんざいはクレカの期間が早く終わるようにと待ちながら仕事にいるわけです。

ということで、じこはさんの申し立てを考えているなら、めんさいに時間がひつようなので、ただちにほうりつ事務所に連絡してむりょうめんだんを受けて手続を。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.