大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある玉越法律事務所の情報

投稿日:

私はかなり前に自己破産した40代みこん男です。

当ページでは、自己破産を検討している方に、私のけいけんからわかった情報をお伝えしています。

けつろんからいうと、自己破産はべんごしさんにタダでそうだんして代理で申し立ててもらうと問題なく免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

玉越法律事務所

所在地

〒530-0005大阪府大阪市北区中之島2丁目3-18

TEL:TEL 06-6209-2177

どんな理由でじこはさんを申し立てたのかをかたりします。

びじねすのきょうざいやセミナーの購入をクレジットカードのリボ払いで支払いしていました。

毎月の収入よりもリボばらいの利息の高額になってしまいました。

ある時たいびょうをわずらい、ちりょうひようがひつようなので、リボ払いの利息を支払いきれなくなりました。

とほうにくれた私は、消費生活センターやそのちいきの弁護士会に電話でそうだんをしました。

そうするとじこはさんでリボ払いの利息を無しにして、借金がない状態にしたらどうかと提案されました。

それから私の所在地から近い法律事務所に電話して、直でじむしょに出向いて、30分のむりょう相談をしました。

事務所には2回行くだけでした。

そして電話とゆうびんで事務所や弁護士とコミュニケーションをとりあってじこはさんのてつづきを進めました。

自己破産の申し立てには着手金とべんごしさんのだいりえんじょをまとめると約15万円使いました。

15万円を払うのうりょくが無かったので、法テラスの扶助制度をうまく使って、少しの間だけたてかえました。

15万円をわたしの支払いする能力にあわせて、ひつようとした費用を毎月1回法テラスに口座振替で支払いました。

最終的には、弁護士事務所にそうだんに足を運んでから十か月後に、じこはさんのめんさいが許可をうけたのです。

じこはさんは、私の生涯のおてんです。

デビットカードはりようできるけれど、クレカが使えないけってんがあります。

そのいっぽうで、自己破産した事をたにんにいわなければ気づかれずに済むのです。

私がはさんした事を知っているひとは、ごく限られています。

リボばらいの利息がなくなったことで、借金の苦しみが無くなりました。

ちかごろはカードのきげんがはやくおわるようにとまちながら仕事にいます。

ですから、自己破産の申し立てを考えているなら、免責に時間がひつようとなるので、すぐにほうりつじむしょにれんらくして無料の面談をうけててつづきを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.