大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある法律事務所豊凛の情報

投稿日:

わたしは1ねんまえにじこはさんした30代みこんおんなです。

当ページでは、自己破産を検討している方に、私のたいけんからえた情報を書いています。

けつろんからいうと、自己破産は弁護士に無料めんだんして代理で申し立ててもらうともんだいなくめんさい許可がもらえます。

近くの法律事務所

法律事務所豊凛

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満2丁目9-14-202

TEL:TEL 06-6366-4147

なんで自己破産を申し立てたのかを語りします。

自己啓発のてきすとやこうしゅうかいの入手をクレジットカードのリボばらいでしはらいしていました。

毎月のきゅうりょうよりもリボ払いの利息のこうがくになってしまいました。

ある日大病をわずらい、治療費用が払うことになるので、リボばらいのりそくをはらいきれなくなりました。

困り果てたわたしは、消費生活センターやそのエリアの弁護士会に電話で話をしたわけです。

そうすると自己破産でリボばらいの利息をナシにして、借金がぜろの状態にしたらどうかと提案されました。

そしてじぶんの住所から近距離のほうりつじむしょに電話して、直接事務所に行って、30分のむりょう相談をしました。

事務所には二度行くだけでした。

そうして電話とゆうそうで事務所やべんごしさんとコミュニケーションをとりあってじこはさんのてつづきをすすめました。

じこはさんの申立てには着手金と弁護士の代理援助を合計して大体15万円かかりました。

15万円を支払うちからが無かったので、法テラスの扶助制度を使って、一時的に建て替えました。

15万円を私の返済する能力にしたがって、必要とした費用をつきごとに法テラスに口座引き落としで支払いました。

遂には、法律じむしょに話にあしをはこんでから十か月後に、自己破産の免責が許可されました。

じこはさんは、私のしょうがいの汚点です。

デビットカードは利用できるけれど、クレカが使えないけってんがあります。

しかし、自己破産した事実をたにんにいわなければ知られずに済むのです。

わたしが自己破産したことをしっている人は、ごく限定されています。

リボばらいの利息がなくなったことで、返済の悩みがありません。

さいきんはクレカの期間がはやく終わるようにと待ちながら仕事にいるのです。

とにかく、じこはさんの申し立てをけんとうしているなら、めんさいに時間がひつようとなるので、ためらわずに法律事務所にでんわして無料面談を受けて手続きを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.