大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある遠田・田中法律事務所の情報

投稿日:

わたしは4ねんまえにじこはさんした37歳のシングルの女です。

この記事では、自己破産を考えている方に、わたしの経験から得たないようをかいています。

こたえからいうと、じこはさんは弁護士さんにむりょう面談してだいりで申し立ててもらうとえんかつに免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

遠田・田中法律事務所

所在地

〒530-0001大阪府大阪市北区梅田1丁目1-3-1103

TEL:TEL 06-6345-1954

どんなりゆうでじこはさんを申し立てたのかをおつたえします。

ビジネスのテキストやセミナーの購入をクレジットカードのリボばらいで清算していました。

ひと月のきゅうりょうよりもリボばらいのりそくの高くなってしまいました。

ある日大病をわずらい、治療費がかかるので、リボ払いの利息を払いきれなくなりました。

とほうにくれた私は、消費生活センターやそのエリアの弁護士会にでんわで話をおこないました。

そうするとじこはさんでリボ払いの利息をナシにして、借金がないじょうたいにしたらどうかとていあんされました。

その後私のしょざいちから近い弁護士事務所にでんわして、じかに事務所に出向いて、30分の無料面談をしたわけです。

じむしょには2回でむくだけでした。

そして電話と郵便で事務所や弁護士と連絡をとりあって自己破産の手続きをすすめました。

じこはさんの申し立てには着手金とべんごしさんの代理援助をあわせておよそ15万円かかりました。

15万円をしはらう能力がなかったので、法テラスの扶助制度を利用して、そのときだけ建て替えました。

15万円をわたしの返済するのうりょくに応じて、掛かったひようを月に1回法テラスに口座振替で支払いました。

最終的には、弁護士じむしょにめんだんに行ってから10ヶ月後に、自己破産の免責が許可をうけたのです。

自己破産は、私のしょうがいの汚点です。

デビットカードはしようできるけれど、クレカが使えないけってんがあります。

ですが、はさんした事を周囲にいわなければ知られずにすみます。

私がはさんしてしまった事を知るかたは、ごく限定されています。

リボばらいのりそくが無くなったことで、借金のなやみがきえました。

この頃はクレカの期間が早く終わるようにとまちながら仕事にいるわけです。

ということから、自己破産の申立てをけんとうしているなら、免責に時間がかかるので、ためらわずに弁護士じむしょにでんわして無料相談をしてもらっててつづきを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.