大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府堺市にある岩崎昭徳法律事務所の情報

投稿日:

わたしは4ねんまえにじこはさんした50歳のみこん男性です。

このHPでは、自己破産を考えているひとに、わたしのじつれいからわかったじょうほうを伝えています。

こたえからいうと、自己破産は弁護士にタダで相談して代理で申し立ててもらうともんだいなく免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

岩崎昭徳法律事務所

所在地

〒591-8001大阪府堺市北区常磐町3丁28

TEL:TEL 072-246-3088

なぜじこはさんを申し立てたのかをおはなしします。

びじねすのきょうざいやセミナーの購入をクレカのリボ払いで清算していました。

毎月の給与よりもリボ払いの利息のたかくなってしまいました。

ある時大病をわずらい、ちりょうひようがひつようなので、リボばらいの利息を払いきれなくなりました。

困り果てた私は、消費生活センターやその地域の弁護士会に携帯で相談をおこないました。

そうしたら自己破産でリボ払いのりそくをなしにして、借金がゼロの状態にしたらどうかと提案されました。

そしてわたしの所在地からきんきょりのほうりつ事務所に通話して、ちょくせつ事務所に出かけて、30分の無料そうだんをしたわけです。

事務所には2回行くだけでした。

それから電話と郵送でじむしょやべんごしと連絡をとりあって自己破産の手続きを進めました。

自己破産の申し立てには着手金と弁護士さんの代理援助をあわせると大体15万円かかりました。

15万円を払うのうりょくが無かったので、法テラスの扶助制度をしようして、一時的に建て替えました。

15万円を私の支払いする能力に応じて、かかったおかねを月に1回法テラスにこうざふりかえではらいました。

けっかてきには、法律事務所に相談にあしをはこんでから十か月後に、自己破産のめんさいが許可されました。

じこはさんは、わたしの生涯の汚点です。

デビットカードはつかえるけれど、カードがりようできないデメリットがあるというわけです。

ですが、自己破産したことをまわりに言わなければ気づかれずにすみます。

私がはさんした事をしる人は、ごく限られているわけです。

リボ払いのりそくが無くなったことで、返済のふあんがない状態です。

近頃はクレジットカードの期間がはやく終わるようにと待ちながらおしごとにいます。

ですから、自己破産の申し立てを検討しているなら、めんさいに時間がひつようなので、直ぐに弁護士事務所に連絡して無料相談をうけて手続を。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.