大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

堺市 大阪府

大阪府大阪市にある高瀬総合法律事務所の情報

投稿日:

私はなんねんかまえにじこはさんした50代独身おとこです。

このページでは、自己破産を検討している方に、私のじれいから得た情報をつたえています。

こたえからいうと、自己破産はべんごしさんにむりょう面談して代わりで申し立ててもらうと円滑に免責きょかがもらえます。

近くの法律事務所

高瀬総合法律事務所

所在地

〒541-0041大阪府大阪市中央区北浜2丁目1-5

TEL:TEL 06-6202-1551

なんでじこはさんを申し立てたのかを話しします。

しかくの商材やセミナーのにゅうしゅをクレジットカードのリボ払いで支払いしていました。

まいつきのきゅうりょうよりもリボ払いのりそくの高額になってしまいました。

ある時大病をわずらい、いりょうひがかかるので、リボ払いの利息をはらいきれなくなりました。

とほうにくれた私は、消費生活センターや地元の弁護士会にけいたいで話をおこないました。

そうしたら自己破産でリボ払いの利息をなしにして、借金が無い状態にしたらどうかと提案されました。

そのご私のじゅうしょからあまり離れていないべんごし事務所に電話して、直接じむしょにでむいて、30分のむりょう相談を行ないました。

じむしょには二回いくだけでした。

そして電話とゆうびんで事務所やべんごしと連絡をとりあってじこはさんのてつづきをすすめました。

じこはさんの申し立てには着手金と弁護士の代理援助を合わせると大体15万円必要でした。

15万円をはらう力がなかったので、法テラスの扶助制度を利用することで、一時的に建て替えました。

15万円を私の支払いする能力におうじて、かかった費用を毎月1回法テラスに口座引き落としで払いました。

結局は、ほうりつじむしょに相談に行ってから10ヶ月後に、自己破産の免責が許可されました。

じこはさんは、わたしのじんせいの汚点です。

デビットカードは使えるけれど、クレカが利用できないデメリットがあるのです。

けれども、はさんした事を周りにいわなければ気づかれずに済みます。

私がはさんしたことを知っているひとは、ごく限られているというわけです。

リボばらいの利息がなくなったことで、借金の苦しみが無くなりました。

現在はクレカのきげんがはやく終わるようにと待ちながらしごとにいます。

よって、自己破産の申し立てを考えているなら、めんさいにじかんが必要となるので、急いで弁護士事務所にれんらくして無料めんだんをやってもらって手続きを。

-堺市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.