大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある近藤総合法律事務所の情報

投稿日:

わたしは少し前にじこはさんした四十代きこんおとこです。

当ホームページでは、じこはさんを検討している人に、わたしの体験から得たお話を伝えています。

結論からいうと、じこはさんはべんごしに無料面談して代わりで申し立ててもらうとえんかつにめんさい許可がもらえます。

近くの法律事務所

近藤総合法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満5丁目1-3-6F

TEL:TEL 06-6314-1630

どういう訳でじこはさんをもうしたてたのかをお話します。

しかくのしょうざいやこうしゅうかいの購入をクレジットカードのリボ払いで支払いしていました。

ひと月の収入よりもリボ払いの利息の高くなってしまいました。

あるとき大病をわずらい、いりょうひが払うことになるので、リボ払いの利息を払いきれなくなりました。

困り果てた私は、消費生活センターやその地域の弁護士会に電話で相談を行ないました。

するとじこはさんでリボ払いの利息をゼロにして、しゃっきんがない状態にしたらどうかとアドバイスされました。

その後自分のじゅうしょからちかい弁護士事務所につうわして、直でじむしょに出向いて、30分の無料めんだんをしたのです。

事務所には2かい行くだけでした。

それから通話と郵送で事務所やべんごしと連絡をとりあって自己破産の手続きをすすめました。

自己破産の申し立てには着手金とべんごしさんの代理援助をあわせるとおよそ15万円つかいました。

15万円を払う能力がなかったので、法テラスの扶助制度を使用して、一時的に建て替えました。

15万円をわたしの返済する能力にあわせて、かかった金額を1か月毎に法テラスに口座引落で払いました。

けっかてきには、弁護士じむしょにそうだんに行ってから10ヶ月後に、じこはさんの免責が許可されました。

自己破産は、私の人生のおてんです。

デビットカードは使用できるけれど、クレジットカードが使えないデメリットがあるわけです。

けれども、じこはさんした事をだれにも言わなければきづかれずに済むのです。

私が破産してしまった事をしるひとは、ごく限られています。

リボばらいの利息がなくなったことで、へんさいのふあんがなくなりました。

いまははクレカの期限があっというまに終わるようにと待ちながら仕事にいるのです。

というわけで、じこはさんの申し立てを検討しているなら、免責に時間がかかるので、すぐに法律事務所に連絡してむりょう面談をしてもらっててつづきを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.