大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある淀川総合法律事務所の情報

投稿日:

私は以前に自己破産した31歳の既婚おとこです。

この記事では、じこはさんを考えているひとに、私のじつれいから得た内容を書いています。

結論からいうと、自己破産は弁護士に0円で相談して代理でもうしたててもらうと円滑にめんさい許可がもらえます。

近くの法律事務所

淀川総合法律事務所

所在地

〒550-0025大阪府大阪市西区九条南2丁目16-12

TEL:TEL 06-6586-5712

何で自己破産を申し立てたのかをお話します。

自己啓発のきょうざいや塾のこうにゅうをカードのリボ払いでしはらいしていました。

ひと月の収入よりもリボ払いのりそくのたかくなってしまいました。

あるひ大病をわずらい、治療費が必要なので、リボ払いの利息を支払いきれなくなりました。

困り果てた私は、消費生活センターやその地域の弁護士会に電話で話をしてみました。

そうしたらじこはさんでリボ払いの利息をゼロにして、借金がゼロの状態にしたらどうかとアドバイスされました。

そうしてわたしの住所から近くにある法律じむしょに通話して、直接事務所に出かけて、30分の無料そうだんを行ないました。

事務所には2ど行くだけでした。

そしてでんわとゆうそうで事務所や弁護士さんとコミュニケーションをとりあって自己破産の手続を進めました。

じこはさんの申立てには着手金と弁護士の代理援助を合わせてだいたい15万円掛かりました。

15万円をはらうちからがなかったので、法テラスの扶助制度をしようして、その時だけ建て替えました。

15万円を私の支払する力に合うようにして、ひつようとした費用を毎月1回法テラスにこうざふりかえで支払いました。

けっきょくは、弁護士じむしょにはなしに足を運んでから十か月後に、自己破産のめんさいが許可をしてもらいました。

じこはさんは、わたしの人生の汚点です。

デビットカードは使用できるけれど、クレカがしようできないデメリットがあります。

けれども、破産したじじつを誰にもいわなければ気づかれずにすみます。

私が自己破産しちゃったことをしる人は、ごく限られているというわけです。

リボ払いの利息がゼロになったことで、借金の心配がなくなったのです。

げんざいはクレカの期限が早く終わるようにと待ちながらお仕事にいるのです。

というわけで、自己破産の申し立てを検討しているなら、めんさいに時間がひつようとなるので、いそいで弁護士事務所に連絡してむりょうの相談をしてもらっててつづきを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.