大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある堀・浦野法律事務所の情報

投稿日:

私はかこに自己破産した33歳のシングルの男性です。

このHPでは、自己破産をけんとうしている方に、私の体験からわかったお話をお伝えしています。

答えからいうと、じこはさんは弁護士にむりょうめんだんして代理で申し立ててもらうとスムーズにめんさい許可がもらえます。

近くの法律事務所

堀・浦野法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満5丁目9-3

TEL:TEL 06-6364-2547

なんで自己破産を申し立てたのかをお話します。

資格の商材やセミナーの入手をクレカのリボばらいでせいさんしていました。

毎月の収入よりもリボ払いの利息のたかくなってしまいました。

ある日大病をわずらい、いりょうひが必要になるので、リボ払いの利息をはらいきれなくなりました。

こまりはてたわたしは、消費生活センターや地元の弁護士会に電話でお話を行ないました。

そうすると自己破産でリボ払いの利息を無しにして、借金がゼロのじょうたいにしたらどうかと提案されました。

それから自分の所在地から近くにある法律事務所に通話して、じかに事務所に行って、30分のむりょうめんだんをしました。

事務所には2回行くだけでした。

そうして通話とゆうそうで事務所や弁護士さんとコミュニケーションをとりあって自己破産の手続きを進めました。

自己破産の申し立てには着手金と弁護士さんの代理援助を合計してほぼ15万円かかりました。

15万円を払う力が無かったので、法テラスの扶助制度を利用することで、いちじてきにたてかえました。

15万円を私の返済するのうりょくに合わせて、掛かったきんがくを月に1回法テラスにこうざふりかえで支払いました。

最終的には、弁護士事務所に相談にあしをはこんでから10ヶ月後に、自己破産の免責が許可をうけたのです。

自己破産は、わたしのいっしょうのおてんです。

デビットカードはりようできるけれど、カードがしようできないけってんがあるのです。

けれども、自己破産したことを周囲にいわなければ気づかれずに済むのです。

私が自己破産したじじつをしる人は、ごく限られています。

リボ払いの利息がなくなったことで、借金の心配が無くなりました。

最近はクレカのきげんがはやく終わるようにとまちながらしごとにおります。

そういうわけで、自己破産の申し立てを考えているなら、めんさいに時間がようするので、いそいでほうりつ事務所に電話して無料のめんだんをしてもらって手続きを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.