大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある柏木幹正法律事務所の情報

投稿日:

私は前に自己破産した42歳の独身じょせいです。

この記事では、じこはさんを考えている方に、私の体験からえたじょうほうを記しています。

こたえからいうと、自己破産は弁護士さんに無料そうだんしてだいりで申し立ててもらうとスムーズにめんさいきょかがもらえます。

近くの法律事務所

柏木幹正法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満6丁目8-2

TEL:TEL 06-6362-6363

どういう理由で自己破産を申し立てたのかをお話します。

自己啓発の教材やセミナーのこうにゅうをクレジットカードのリボ払いで支払いしていました。

1かげつの給料よりもリボ払いの利息のたかくなってしまいました。

あるひ大病をわずらい、手術費がひつようになるので、リボ払いの利息をしはらいきれなくなりました。

こまりはてた私は、消費生活センターやそのエリアの弁護士会にけいたいでおはなしをしました。

すると自己破産でリボ払いの利息をゼロにして、借金がない状態にしたらどうかと提案されました。

そのご自分のきょじゅうちからあまり離れていないべんごし事務所にでんわして、直にじむしょに行って、30分のむりょう相談をしたのです。

事務所には2回でむくだけでした。

そしてでんわとゆうそうで事務所や弁護士と連絡をとりあってじこはさんの手続きをすすめました。

じこはさんの申し立てにはちゃくしゅきんとべんごしのだいりえんじょをあわせるとおよそ15万円必要でした。

15万円を払う力が無かったので、法テラスの扶助制度を利用することで、一時的に建て替えました。

15万円を私の返済する力にあわせて、かかったお金を1か月毎に法テラスに口座振替で払いました。

結果的には、ほうりつ事務所に話に行ってから十か月後に、自己破産のめんさいが許可されました。

自己破産は、私のじんせいの汚点です。

デビットカードは使用できるけれど、クレジットカードが利用できないけってんがあるというわけです。

ですが、破産したじじつをたにんにいわなければ知られずにすみます。

わたしがはさんした事実を知っている方は、ごく限られています。

リボばらいの利息がゼロになったことで、借金のふあんが無くなりました。

いまははクレジットカードのきかんがあっという間におわるようにと待ちながらしごとにおります。

ということから、自己破産の申し立てを考えているなら、めんさいにじかんがようするので、さいしょから弁護士じむしょにでんわして無料面談を受けててつづきを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.