大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある井上・上原法律事務所の情報

投稿日:

わたしは4年前にじこはさんした30代みこんおとこです。

このページでは、自己破産を考えているひとに、わたしのじつれいからえたないようを伝えています。

答えからいうと、自己破産はべんごしにむりょう相談してだいりでもうしたててもらうと円滑に免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

井上・上原法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満6丁目1-2

TEL:TEL 06-6367-5330

どんな理由でじこはさんをもうしたてたのかをはなしします。

じこけいはつのてきすとや講習会の購入をクレカのリボばらいで清算していました。

毎月の給料よりもリボばらいの利息の高くなってしまいました。

あるひ大病をわずらい、ちりょうひが必要になるので、リボばらいのりそくを支払いきれなくなりました。

困り果てた私は、消費生活センターやじもとの弁護士会に電話でそうだんをしたわけです。

そうしたら自己破産でリボ払いの利息をぜろにして、借金がないじょうたいにしたらどうかとていあんされました。

そうして自分の住所からきんきょりの弁護士事務所につうわして、直に事務所に行き、30分のむりょう相談をおこないました。

事務所には二度足を運ぶだけでした。

そして電話と郵便でじむしょやべんごしと連絡をとりあって自己破産の手続きを進めました。

自己破産の申立てにはちゃくしゅきんと弁護士の代理援助をあわせて約15万円かかりました。

15万円を払うちからがなかったので、法テラスの扶助制度をつかって、その時だけたてかえました。

15万円をわたしのへんさいするのうりょくに合うようにして、必要としたおかねを毎月法テラスに口座引落でしはらいました。

けっかてきには、ほうりつ事務所にめんだんに行ってから十か月後に、自己破産のめんさいが許可を受けたのです。

自己破産は、私の生涯の汚点です。

デビットカードは利用できるけれど、クレカが利用できないデメリットがあるわけです。

その一方で、破産したことを周りのひとにいわなければ気づかれずに済みます。

私が自己破産したじじつを知る人は、ごく限られているのです。

リボばらいのりそくが無くなったことで、返済の苦しみがなくなりました。

最近はカードの期間があっという間に終わるようにとまちながら仕事にいるわけです。

ということで、自己破産の申し立てをけんとうしているなら、免責に時間がようするので、すぐにべんごしじむしょにれんらくして無料そうだんをうけててつづきを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.