大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にあるなにわ共同法律事務所(弁護士法人)の情報

投稿日:

わたしは11かげつまえに自己破産した53歳のシングルのじょせいです。

このページでは、じこはさんをけんとうしているひとに、私の体験から得たないようを伝えています。

けつろんからいうと、自己破産は弁護士に無料そうだんしてかわりで申し立ててもらうと円滑にめんさい許可がもらえます。

近くの法律事務所

なにわ共同法律事務所(弁護士法人)

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満2丁目3-15

TEL:TEL 06-6363-2191

なんでじこはさんを申し立てたのかをお話します。

ビジネスのしょうざいやスクールの購入をカードのリボばらいで清算していました。

まいつきのしゅうにゅうがくよりもリボ払いの利息の高くなってしまいました。

ある日大病をわずらい、手術費が払うことになるので、リボ払いの利息をしはらいきれなくなりました。

とほうにくれた私は、消費生活センターやそのちいきの弁護士会に電話で相談をおこないました。

するとじこはさんでリボ払いの利息をぜろにして、しゃっきんがないじょうたいにしたらどうかと提案されました。

そして私のしょざいちからあまり離れていない法律事務所に電話して、直に事務所に出掛けて、30分の無料めんだんをしたわけです。

事務所には2回行くだけでした。

そしてでんわと郵便で事務所やべんごしとコミュニケーションをとりあって自己破産の手続きをすすめました。

自己破産の申し立てには着手金とべんごしさんの代理援助を合わせるとだいたい15万円費やしました。

15万円を支払うのうりょくがなかったので、法テラスの扶助制度をうまく使って、その時だけ建て替えました。

15万円を私の返済するのうりょくに合わせて、ひつようとした金額を毎月1回法テラスに口座引落で支払いました。

最終的には、ほうりつ事務所にめんだんにあしをはこんでから10ヶ月後に、自己破産の免責が許可をうけました。

じこはさんは、私のしょうがいの汚点です。

デビットカードは利用できるけれど、クレジットカードが利用できない欠点があるのです。

その一方で、破産したことをまわりのひとに言わなければ気づかれずに済みます。

私がじこはさんした事実をしっているかたは、ごく限られています。

リボばらいの利息がゼロになったことで、へんさいの悩みが消えました。

げんざいはクレカの期間が早く終わるようにとまちながらおしごとにいます。

ということで、じこはさんの申立てを検討しているなら、免責に時間がかかるので、すぐにほうりつじむしょに連絡して無料の相談をやってもらって手続きを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.