大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある和田秀治法律事務所の情報

投稿日:

私は何年か前に自己破産した30歳のどくしんだんせいです。

このブログでは、自己破産を考えているかたに、私の事例からえた内容をおつたえしています。

結論からいうと、じこはさんは弁護士さんに無料そうだんして代わりで申し立ててもらうとすいすいと免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

和田秀治法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満5丁目1-3

TEL:TEL 06-6367-5340

どういうりゆうで自己破産を申し立てたのかをお伝えします。

自己啓発のテキストや講習会の購入をカードのリボ払いでせいさんしていました。

毎月の給料よりもリボばらいの利息の高くなってしまいました。

あるとき大病をわずらい、いりょうひが払うことになるので、リボ払いの利息をはらいきれなくなりました。

こまりはてたわたしは、消費生活センターやそのちいきの弁護士会に携帯で相談をしました。

そうするとじこはさんでリボ払いの利息をゼロにして、しゃっきんがない状態にしたらどうかとアドバイスされました。

それからわたしの住所からちかい弁護士事務所に電話して、じかに事務所に出かけて、30分の無料相談を行ないました。

事務所には二回あしをはこぶだけでした。

そしてつうわと郵送で事務所や弁護士とコミュニケーションをとりあってじこはさんの手続きをすすめました。

じこはさんの申し立てにはちゃくしゅきんとべんごしのだいりえんじょをごうけいしておよそ15万円かかりました。

15万円をはらう能力がなかったので、法テラスの扶助制度を使って、すこしのあいだだけたてかえました。

15万円を私のへんさいする能力にあわせて、かかったきんがくをつきごとに法テラスに口座振替で支払いました。

最終的には、弁護士事務所に相談に行ってから10ヶ月後に、じこはさんのめんさいが許可を受けました。

自己破産は、私のじんせいの汚点です。

デビットカードはつかえるけれど、クレカが使用できない欠点があるというわけです。

ですが、自己破産したことをしゅういにいわなければ知られずにすみます。

私が自己破産したことを知るひとは、ごくげんていされています。

リボばらいの利息がなくなったことで、借金のしんぱいが消えました。

近頃はカードの期間があっというまに終わるようにと待ちながら仕事におります。

ですから、自己破産のもうしたてをかんがえているなら、免責に時間がかかるので、直ぐに法律事務所に連絡して無料のめんだんを受けて手続きを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.