大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある赤沢・井奥法律事務所の情報

投稿日:

わたしは3年前にじこはさんした31歳の独身男性です。

このページでは、自己破産を検討している方に、私のじつれいから得た情報を書いています。

結論からいうと、自己破産は弁護士に無料めんだんして代理で申し立ててもらうとすいすいとめんさいきょかがもらえます。

近くの法律事務所

赤沢・井奥法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満4丁目6-12

TEL:TEL 06-6364-8251

どういう理由で自己破産を申し立てたのかをかたりします。

自己啓発の教材やセミナーの購入をクレジットカードのリボばらいで清算していました。

ひと月の収入よりもリボ払いのりそくの高くなってしまいました。

あるひ大病をわずらい、医療費が必要になるので、リボ払いの利息をはらいきれなくなりました。

困り果てたわたしは、消費生活センターや地元の弁護士会にけいたいでおはなしを行ないました。

そうすると自己破産でリボ払いの利息をなしにして、借金がないじょうたいにしたらどうかとアドバイスされました。

そのごじぶんのじゅうしょから近いべんごし事務所にでんわして、直接事務所に出向いて、30分の無料相談をしたんです。

事務所には2回行くだけでした。

そして電話と郵送で事務所や弁護士さんと連絡をとりあってじこはさんのてつづきを進めました。

じこはさんの申し立てにはちゃくしゅきんと弁護士さんの代理援助を合計して約15万円費やしました。

15万円を支払うのうりょくがなかったので、法テラスの扶助制度を使用して、少しの間だけ建て替えました。

15万円をわたしのへんさいする能力に合わせて、掛かったおかねを月に1度法テラスに口座振替で支払いました。

けっきょくは、ほうりつじむしょに相談に足を運んでから十か月後に、自己破産の免責が許可を受けたのです。

自己破産は、私のじんせいの汚点です。

デビットカードはりようできるけれど、クレカが使えないデメリットがあります。

そのいっぽうで、はさんしたことをだれにもいわなければ気づかれずに済みます。

わたしが自己破産した事実をしっているかたは、ごくげんていされています。

リボ払いの利息がゼロになったことで、借金の苦しみが消えました。

げんざいはクレジットカードの期間が早く終わるようにと待ちながらしごとにおります。

とにかく、自己破産の申し立てを考えているなら、免責に時間がかかるので、直ちに弁護士じむしょに電話して無料面談を受けて手続きを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.