大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある井上寛法律事務所の情報

投稿日:

わたしは3ねんまえにじこはさんした30歳のシングルの男です。

当記事では、自己破産をかんがえているひとに、私の事例からえたないようをお伝えしています。

こたえからいうと、自己破産は弁護士に無料面談して代理でもうしたててもらうとすいすいと免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

井上寛法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満5丁目9-3

TEL:TEL 06-6360-3181

どういう理由で自己破産を申し立てたのかをおつたえします。

ビジネスのしょうざいやスクールの入手をクレジットカードのリボ払いでせいさんしていました。

つきの収入よりもリボ払いのりそくの高くなってしまいました。

ある時大病をわずらい、しゅじゅつひが必要なので、リボ払いの利息を払いきれなくなりました。

困り果てたわたしは、消費生活センターやその地域の弁護士会にでんわで話をしてみました。

そうすると自己破産でリボばらいの利息を無しにして、借金がぜろのじょうたいにしたらどうかと提案されました。

そのご自分の居住地から近距離の弁護士じむしょに電話して、ちょくせつ事務所に行き、30分の無料相談をしたのです。

事務所には2回行くだけでした。

それから通話とゆうそうで事務所やべんごしとれんらくをとりあって自己破産の手続きを進めました。

自己破産の申立てには着手金とべんごしさんの代理援助を合わせてだいたい15万円掛かりました。

15万円をしはらう力がなかったので、法テラスの扶助制度を利用することで、一時的に建て替えました。

15万円をわたしの返済する能力に合うようにして、必要としたお金を毎月法テラスに口座引落で支払いました。

結果的には、弁護士事務所にめんだんに行ってから10ヶ月後に、自己破産の免責が許可をしてもらいました。

じこはさんは、私のいっしょうのおてんです。

デビットカードは使えるけれど、クレジットカードが利用できないけってんがあります。

だけども、はさんしたじじつをしゅういに言わなければきづかれずに済むのです。

私が自己破産したことをしるひとは、ごくげんていされているのです。

リボ払いの利息がゼロになったことで、返済のふあんがない状態です。

現在はクレジットカードの期間があっという間に終わるようにと待ちながらおしごとにいます。

ということから、自己破産のもうしたてを考えているなら、免責にじかんが必要となるので、いそいで法律事務所に電話して無料めんだんをしてもらって手続を。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.