大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある大野誠法律事務所の情報

投稿日:

私は10か月前にじこはさんした30代独身おんなです。

このページでは、自己破産をけんとうしているひとに、わたしのじつれいからえた情報をつたえています。

答えからいうと、じこはさんはべんごしにむりょうめんだんして代理で申し立ててもらうとえんかつにめんさいきょかがもらえます。

近くの法律事務所

大野誠法律事務所

所在地

〒541-0041大阪府大阪市中央区北浜1丁目9-9

TEL:TEL 06-4707-8822

何で自己破産をもうしたてたのかをお伝えします。

ビジネスのテキストや講習会のにゅうしゅをカードのリボ払いでせいさんしていました。

まいつきのきゅうりょうよりもリボ払いの利息の高くなってしまいました。

あるとき大病をわずらい、手術費が必要になるので、リボ払いの利息をしはらいきれなくなりました。

こまりはてた私は、消費生活センターやそのちいきの弁護士会に電話でお話をしたのです。

そうすると自己破産でリボばらいのりそくをぜろにして、借金が無い状態にしたらどうかと提案されました。

そしてじぶんの住所から近距離の法律事務所に通話して、直接事務所にでむいて、30分の無料面談をおこないました。

事務所には2かいあしをはこぶだけでした。

それからつうわとゆうそうで事務所や弁護士とれんらくをとりあって自己破産のてつづきを進めました。

じこはさんの申立には着手金と弁護士の代理援助を合わせておよそ15万円費やしました。

15万円を支払う能力がありませんでしたので、法テラスの扶助制度をつかって、その時だけたてかえました。

15万円を私の支払する能力にあわせて、必要とした費用を毎月1度法テラスに口座引き落としでしはらいました。

遂には、弁護士事務所に相談にあしをはこんでから10ヶ月後に、自己破産の免責が許可されました。

自己破産は、わたしの人生の汚点です。

デビットカードは使えるけれど、クレジットカードがしようできないけってんがあります。

そのいっぽうで、破産したことを周りのひとにいわなければ気づかれずに済むのです。

私がはさんしたじじつを知っている人は、ごく限定されているというわけです。

リボばらいの利息がゼロになったことで、借金のくるしみが消えました。

さいきんはクレジットカードのきげんが早く終わるようにとまちながらしごとにいるのです。

ということで、自己破産のもうしたてを検討しているなら、めんさいにじかんが必要なので、最初からほうりつ事務所に連絡してむりょうめんだんを受けて手続を。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.