大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある興和法律事務所(弁護士法人)の情報

投稿日:

わたしは前に自己破産した33歳のきこん男性です。

このホームページでは、自己破産を考えているひとに、わたしの体験から得たないようを記しています。

答えからいうと、自己破産はべんごしに無料そうだんしてだいりで申し立ててもらうとスムーズに免責きょかがもらえます。

近くの法律事務所

興和法律事務所(弁護士法人)

所在地

〒541-0043大阪府大阪市中央区高麗橋3丁目1-14

TEL:TEL 06-4707-6262

どうして自己破産をもうしたてたのかを話しします。

ビジネスの商材やセミナーのこうにゅうをクレジットカードのリボ払いで決済していました。

毎月の収入額よりもリボばらいの利息の高くなってしまいました。

ある時大病をわずらい、手術費がひつようになるので、リボ払いの利息を払いきれなくなりました。

困り果てたわたしは、消費生活センターや地元の弁護士会に電話でおはなしをしたわけです。

そうしたら自己破産でリボ払いの利息をぜろにして、借金がないじょうたいにしたらどうかとアドバイスされました。

そうして自分のきょじゅうちからあまり離れていない弁護士じむしょにでんわして、ちょくで事務所に出向いて、30分のむりょうそうだんをしました。

事務所には2ど出向くだけでした。

そうして電話と郵便でじむしょやべんごしとコミュニケーションをとりあって自己破産の手続きを進めました。

自己破産の申立てには着手金と弁護士のだいりえんじょをまとめると大体15万円必要でした。

15万円を支払うのうりょくがなかったので、法テラスの扶助制度をりようして、いちじてきに建て替えました。

15万円をわたしのしはらいするのうりょくにおうじて、ひつようとしたきんがくを1か月ごとに法テラスに口座振替ではらいました。

遂には、ほうりつ事務所にそうだんにあしをはこんでから10ヶ月後に、じこはさんの免責が許可を受けました。

自己破産は、わたしの人生のおてんです。

デビットカードはつかえるけれど、カードが利用できないデメリットがあります。

だけども、じこはさんした事実を周りにいわなければ知られずに済むのです。

私が破産したことを知っている方は、ごくげんていされています。

リボ払いの利息が無くなったことで、借金のなやみがなくなったのです。

このごろはクレカの期限が早く終わるようにとまちながらおしごとにいます。

ということで、自己破産の申立てを考えているなら、免責に時間が必要なので、直ちにほうりつ事務所に連絡して無料面談をやってもらって手続きを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.