大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪府 茨木市

大阪府東大阪市にある加島・田中法律事務所の情報

投稿日:

私は以前に自己破産した49歳のシングルの男性です。

当サイトでは、自己破産をかんがえているひとに、私の体験から得たお話をお伝えしています。

けつろんからいうと、自己破産はべんごしにただで相談して代理でもうしたててもらうと問題なく免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

加島・田中法律事務所

所在地

〒578-0971大阪府東大阪市鴻池本町6-27

TEL:TEL 06-4309-9550

何故じこはさんをもうしたてたのかをおつたえします。

びじねすの教材やじゅくの入手をカードのリボ払いでけっさいしていました。

月のしゅうにゅうよりもリボばらいの利息の高額になってしまいました。

あるときたいびょうをわずらい、しゅじゅつひが必要なので、リボ払いのりそくをはらいきれなくなりました。

困り果てたわたしは、消費生活センターやそのエリアの弁護士会に携帯でおはなしをしました。

すると自己破産でリボ払いの利息をなしにして、借金がないじょうたいにしたらどうかと提案されました。

そのごうちのじゅうしょからあまりはなれていない法律事務所に電話して、直接事務所にでむいて、30分のむりょう相談をしました。

事務所には2度出向くだけでした。

それから電話と郵送で事務所や弁護士と連絡をとりあってじこはさんの手続きを進めました。

自己破産の申し立てにはちゃくしゅきんとべんごしのだいりえんじょをあわせて約15万円かかりました。

15万円を払うのうりょくが無かったので、法テラスの扶助制度をうまくつかって、一時的にたてかえました。

15万円をわたしの支払するのうりょくにおうじて、掛かった金額を月毎に法テラスに口座引落で払いました。

けっかてきには、法律事務所に話に行ってから10ヶ月後に、じこはさんの免責が許可をうけたのです。

自己破産は、わたしのいっしょうの汚点です。

デビットカードは使用できるけれど、クレカがつかえないけってんがあります。

だけども、じこはさんしたことをまわりのひとに言わなければ知られずにすみます。

私が自己破産したことを知っているひとは、ごくげんていされているというわけです。

リボ払いの利息がなくなったことで、しゃっきんの悩みがなくなりました。

最近はクレカのきかんが早くおわるようにと待ちながらお仕事におります。

ということで、自己破産のもうしたてをけんとうしているなら、めんさいに時間がかかるので、ためらうことなく弁護士事務所に連絡して無料めんだんをしてもらって手続を。

-大阪府, 茨木市
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.